サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【松下幸之助の側近】がパナソニックに喝!
第1特集
"まるごと事業"と新社長はパナソニックを救えるか?【2】

「数字をおいかけず、人間を追いかけよ」松下幸之助最期の側近が語るパナソニックの生きる道

+お気に入りに追加

──現在、再起をかけて大規模な改革が必要とされているパナソニック。では、具体的に、どうすべきなのか。ここでは、松下幸之助最期の側近・みんなの党の江口克彦参議院議員に、パナソニック再生についてその思いを聞いた。

1207_eguchi.jpg

──現在パナソニックが再起をかけて臨んでいるまるごと事業について、どうお考えですか?

江口 あれはエコ事業であることを標榜していますが、パナソニックはもう、エコだけで立ち直れる状況じゃありませんね。Fujisawaサスティナブル・スマートタウン構想が成功しても、数百億の単位でしか稼げない。今、エコに取り組んでいますが、国からの補助金に頼ろうという思いが少しでもあれば、失敗するでしょうね。企業が補助金頼みになったら、もう終わりですから。今、本当に将来性を考えたら、ロボット技術や新エネルギー技術、医療技術、それと環境技術という新しい分野にも積極的に出て行かないと。

──そもそも、パナソニック低迷の原因はなんだと思いますか?

江口 松下幸之助という人は「人間を見つめながらの経営」をやっていました。いかに社員が喜ぶか、いかにお客様が喜ぶか、いかにこの国の国民が喜ぶか。しかし、今のパナソニックは、人間を追いかけず、数字を追いかけている。松下幸之助の哲学を失ってしまっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』