サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能】敏腕編集者も力及ばず……目論見をハズした『宇宙兄弟』
ニュース
『テルマエ・ロマエ』好調の裏で泣く『宇宙兄弟』

敏腕編集者も及ばず!? 『宇宙兄弟』の失速に見る原作モノ神話の崩壊

+お気に入りに追加
1207_toho.jpg
原作ファン的には、なんとなく受け入れがたいムッタと日々人。

 今年のゴールデンウィークは、『テルマエ・ロマエ』【1】と『宇宙兄弟』というマンガ原作映画が重なり、ファンや業界関係者などの間で話題を集めた。

「ここ数年、マンガや小説を原作にした映画は乱発され、消費者としても食傷気味。コアなマンガファンなどは、原作モノ映画に対して敵意すら抱く状況になっています。今年の頭にも、池上永一の小説が原作で、仲間由紀恵が主演の映画『劇場版テンペスト3D』が壮大にコケたばかり。関係者の間でも、この2作はどうなることか、と噂されていました」(映画宣伝関係者)

 とはいえ、結果として『テルマエ・ロマエ』は、6月5日の時点で、動員350万人、興収45億円を突破し、文句なしの大ヒット。だが、一方の『宇宙兄弟』は、『テルマエ~』より一週後の公開だが、公開5週目で動員は約107万人、興行収入は約13億8000万円と、及第点は超えたものの、大ヒット作の分水嶺といわれている20億円突破は遠い。

「『宇宙兄弟』は、あれだけの宣伝費をかけてたわりにはぱっとせず、すでに話題にもなっていない。大ヒット御礼という名目で追加の舞台あいさつも敢行しましたが当然プロモーション。主演の二人には特に追いかけるようなネタもなかった」(芸能記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』