サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【変身の美学】──現代の"変身"を問う、...
ニュース
"独断と偏見で選ぶネタ的カルチャー企画"CCCCC

【変身の美学】──現代の"変身"を問う、映画と演劇とヒーロー

+お気に入りに追加

──カフカを例に出すまでもなく、"変身"は人間につきまとう問題だ。これらの表現を通じて未体験の"変身"に遭遇できるはず。

登場人物だけでなく映画も変身!

変身の美学【1】──へんげ

1203_henge1.jpg
はじめは突然の夫の異変に困惑するだけだった妻だったが──!?

■平凡な日常を襲う突然の変身
 閑静な住宅街の一軒家に暮らす若い夫婦。2人を襲う、ある異変。夫が、たびたび原因不明の激しい発作に見舞われるようになったのだ。元医師である夫は入院を拒み、催眠療法やカウンセリングなどを試すも、効果は出ない。それどころか症状は悪化し、発作の最中に夫の腕が人間のものとは思えない姿に変貌するのを妻は目撃してしまう。さらには夫の口からほとばしる謎の咆哮。切羽詰まった妻は、夫の医大時代の後輩に頼み、夫を強制入院させるのだが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』