サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【市川孝典】──線香画家が紙に焼き付ける...
ニュース
流浪の末にたどり着いた芸術の極地!

【市川孝典】──線香画家が紙に焼き付ける、壮絶な人生の残滓

+お気に入りに追加
1109_ichikawa.jpg
(写真=田中まこと)

 自らの記憶の一場面を、線香の微かな火を使って和紙を焦がすことで描き出すアーティスト、市川孝典。その静謐な作品からは意外な本人のヴィジュアルに、少しとまどった。長い金髪に、『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェルのようなアイメイク、パンキッシュなファッション。ヴィジュアルだけではない。少年時代のエピソードからして、ぶっ飛んでいる。

「小学校6年生の時かな、その時期、祖父母に育てられていたのですけれど、2人とも体調を崩していたこともあり、『日本の外にいってみよう』と思いついたんです。ちょうど、先輩の家が鳶職だったんでそこでバイトをして数十万円を貯めて。祖母が亡くなった次の日に羽田空港に行ったんです。カウンターにそのお金をぼんってだして、『ニューヨーク!』って言ったら、受付のお姉さんが、『それはここじゃないのよ』って成田空港まで連れていってくれました(笑)」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE