サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 完全に社会現象化したAKB48、3rdア...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第13回──【MUSIC編】

完全に社会現象化したAKB48、3rdアルバムは初のオリジナルアルバムで自分たちの物語を歌い上げる!

+お気に入りに追加

「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは?

本誌連載陣でもある批評家・編集者の宇野常寛氏が主宰するインディーズ・カルチャーマガジン「PLANETS」とサイゾーがタッグを組み、宇野氏プロデュースのもと、雑誌業界で地位低下中のカルチャー批評の復権を図る連載企画。新進気鋭の書き手たちによる、ここでしかできないカルチャー時評をお届けします。見るべき作品も読むべき批評も、ここにある!

今月の一本

1107_akb.jpg

『ここにいたこと』

中森明夫[アイドル評論家]×真実一郎[ブロガー]×宇野常寛[批評家]

「会いに行けるアイドル」として秋葉原の常設劇場から活動を開始したAKB48。結成数年の不遇の時を過ごした後、完全にブレイクを果たし、現在ではもはや社会現象と化した彼女たちの3rdアルバム『ここにいたこと』。アイドル戦国時代の頂点に立つグループの成功の理由と今後の展開を、同アルバムから読み解く。

※本鼎談の収録はアルバム発売前に行われたため、参照した楽曲は収録曲16曲のうち、「少女たちよ」「Overtake(チーム A)」「君と僕の関係(前田敦子、板野友美)」「チャンスの順番」「Beginner」「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」「ここにいたこと(AKB48+SKE48+SDN48+NMB48)」の8曲のみです。ご留意ください。

宇野 『ここにいたこと』はAKB48(以下、AKB)にとって3枚目のフルアルバムですね。1枚目と2枚目のアルバムの間には、明確にコンセプトの差がありました。これは音楽批評サイトやAKBのファンコミュニティではよく指摘されていることですが、1枚目『SET LIST~グレイテストソングス2006-2007~』(08、デフスターレコーズ)はアイドルがアイドルオタクの男の子に向けた歌詞が多かった。続く2枚目『神曲たち』(10、キングレコード)は、「大声ダイヤモンド」に代表されるユーザーの目線に立った、"僕"という男の一人称で歌った詞が多い。つまり1枚目ではアイドルがファンに「あなたが好き」と歌い、2枚目では「一緒に盛り上げていこう」と歌っているわけです。ではこの3枚目でぐっと増えているのは、というと、自分たちAKBのことを自己言及的に歌い上げる歌詞ですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』