サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【芦名星】──「読まれたら恥ずかしいこと...
1011_ashina.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/松村隆史)

 日本・カナダ・イタリアの合作映画『シルク』で見せたクールな美貌が魅力の芦名星が、筒井康隆の小説『七瀬ふたたび』の主人公・七瀬を演じた。過去に4度ドラマ化された名作だが、「イメージに合う女優が現れない」との理由から、今回が初の映画化。期待の七瀬役だけに、プレッシャーもあったのでは?

「それが、台本を読んだ時、不思議なほどすっと"七瀬"に入れたんです。なのでいい意味で"大役だということを意識せず演技できたのかな、と思ってます」

 ちなみに七瀬は人の心が読める超能力者。すらっと美しい芦名さんでも、人にどう思われてるか気になったりする?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ