サイゾーpremium  > 限定  > 娯楽産業への進出、二世会員......学...
なんてユカイ、なんてフシギな創価学会ワールド!!【3】

娯楽産業への進出、二世会員......学会内でも囁かれる、アノ噂に直撃!

+お気に入りに追加

0602_network_kaku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

"日本におけるドイツ年"を記念して製作された映画『バルトの楽園(がくえん)』(06年6月公開)。この作品には、創価学会との奇妙な"裏"のつながりが見え隠れするという。

「今回、業界最大手の東映と、ディズニー映画を配給しているブエナビスタが、タッグを組んだんです。これは、映画業界の常識では、ありえないこと。その上、東映のほかに、製作には学会系のシナノ企画が名を連ね、映画関係者の間で『もしかしてシナノ企画が、東映とブエナの間を取り持ったのでは?』との疑惑が持ち上がったんです」と話すのは、映画情報を担当するタウン誌編集者。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ