サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 司会の首切りにまで利用される女子アナたち...
ニュース
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

司会の首切りにまで利用される女子アナたち! "電波芸者化"する彼女たちの前途

+お気に入りに追加

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ" プレミアム"な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

(この記事は2010年8月31日付で日刊サイゾーに掲載されたものです。)

1009_premiumwomana.jpg
DVD アナ★バン! presents
フジテレビ女性アナウンサー
「みんなでゴルフ」

 今月23日に、女性アナウンサーのアヤパンこと高島彩が年内にフジテレビを退社することを発表。大きな話題となりました。彼女は2003年から同局の朝の情報番組「めざましテレビ」の司会を担当し、お茶の間でも広くその顔を知られています。そんな彼女の突然の退社発表に、その原因は「多忙による疲労のため」とか「交際中とされるフォークデュオ『ゆず』の北川悠仁氏との結婚が理由」であるとか、多くのウワサが飛び交っています。

 しかし、彼女は元々テレビ局の一社員にしか過ぎないアナウンサー。そんな彼女がこんなにもメディアで騒がれる背景には、昨今のテレビ局不況による女子アナウンサーの"タレント化"があります。本来、アナウンサーは報道のアンカーを務めるべき職業。しかし最近ではバラエティー番組の司会だけではなく、彼女たち自身がバラエティー番組のメインとして扱われることも少なくありません。アナウンサーがメインを務める番組として、TBSの『メガデジ』(現在は放送終了)、フジテレビの『アナ★バン!』などが放映され、もはやちょっとしたタレントよりもタレントらしくなっているアナウンサーたち。元フジテレビアナウンサーの内田恭子は、フジテレビ退社後に積極的にタレント活動を始めるなど、今やアナウンサーはタレント転身への1ステップとして見なされているのかも......。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報