サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 無名の生活者たちへ贈る鎮魂歌──堤幸彦演...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第2回──DRAMA編

無名の生活者たちへ贈る鎮魂歌──堤幸彦演出の後を継ぐ『新参者』!!

+お気に入りに追加

──ついに"ドラマの帝王"木村拓哉ですら視聴率の取れなくなったドラマ大恐慌時代。そんなテレビ離れ世代にこそ見て欲しい、テレビマンたちの力とは? ドラマの見方が変わる新目線批評。

2010年8月号 DRAMAクロスレビュー

■いろんな意味で話題性抜群

1008_pla_moon.jpg

『月の恋人』
脚本/浅野妙子ほか
出演/木村拓哉、篠原涼子、リン・チーリンほか
フジテレビにて、今年5月より毎週月曜21:00(7月5日終了)

「もはや神通力も限界か」と囁かれるキムタクの、ゴリゴリのラブストーリーとしては10年ぶりとなる主演作。放映前から「彼との共演を人気女優が拒否」だの「リン・チーリンのほうが背が高い」だの、さまざまな話題が飛び交った。脚本は、先月当欄で取り上げた『八日目の蝉』と同じ浅野妙子。


【批評家・宇野評】
★★★★☆☆☆☆☆☆
コンセプトに実践が伴わない
キムタクにいつもの「キムタク演技」をさせたまま、複雑な内面を持つキャラクターを演じさせようという志は立派だが、見事に失敗。どう考えてもキムタク社長のキャラをじっくり描くしかなかったはずなのに、尺的にも書き込み的にもまったく足りてない。企業ドラマとしての展開も極めて安直で「ドラマだからこんなものでいいだろう」という甘えは許しがたい。コンセプトは明確なのに実践が伴わない、作りの粗さが目立つ。恋愛描写自体は悪くなかったのだが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載