サイゾーpremium  > 限定  > 宮崎作品は筋に「テーマ」を追うのでなく、...
大混乱となった『ポニョ』論争から『アリエッティ』を考える【2】

宮崎作品は筋に「テーマ」を追うのでなく、映像の体感に敏感になって観るべし!──切通理作

+お気に入りに追加

[切通理作の"ポニョ"評] 10点

ponyo-012.jpg
(C)2008 二馬力・GNDHDDT

 本当は点数なんかつけられないほど圧倒的な映画です。一見、子ども目線の映画に見えるけれど、『千と千尋』が両親を豚にして作品の主舞台から追いやったのと対照的に、子どものあり方を関係性の中で描いているから、見る側が「自分だけの『ポニョ』」を語ることができる。僕の場合は昨年、子どもが生まれたんですが、その子がまだ母親の胎内にいるときに、街中で幼い子が、人ごみをかき分けて寄ってきて、おなかの膨らみを覗き込むということがあったんです。まるで、中に何がいるか知っているかのように。そういうことが身近にあるとないとでは、全然見方も違ったと思います。言葉も知らないうちからのコミュニケーションですね。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ