サイゾーpremium  > その他  > 違法アップロードで中学生も逮捕! ネット...
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

違法アップロードで中学生も逮捕! ネット時代の知的財産権を学ぶ

+お気に入りに追加

premium_rights.jpg
国家試験も存在。"初音ミク"とコラボしていたり
とおもしろい試みも実施されています。

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ" プレミアム"な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

 今月14日、YouTube上に人気マンガのアップロードを繰り返していたとして14歳の中学生が逮捕されました。今回の逮捕は、YouTubeへの違法アップロードによる初の逮捕者、加えてそれが未成年者ということでインターネット上でも話題に。この犯行による被害額は一部報道によると推定20憶円ともいわれており、"若気の至り"では到底すまされない規模のものでした。こうした著作権侵害がインターネット上で横行しているのはみなさんすでにご存知でしょう。Winnyなどのファイル共有ソフトが槍玉に挙げられ、現在では著作権に関するネットリテラシーを高めるべきだという意見はあちらこちらで聞かれます。

 しかし一方では、著作権を管理する団体にもなにやら黒い噂が...... 真相を確かめるべく、日刊サイゾーでは社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に対して怒りを露にするドラマー・ファンキー末吉氏へインタビューを敢行。氏の主張は、JASRACの包括契約による不透明なお金の流れに対し、透明化を求めるというものでした。日刊サイゾーではその後JASRACへの直撃取材を行うなど、徹底的にこの問題を追求して注目を集めました。このように利用者側、管理者側問わず多くの人が関心を寄せる著作権をめぐる騒動ですが、こうした揉め事はなにも著作権に限ったものではないのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ