サイゾーpremium  > 限定  > プレイバック06'W杯!──アディダス、...

──W杯のもうひとつの戦い。それはスポーツメーカー間の熾烈な契約争いだ。彼らがもっとも喜ぶ瞬間は、試合中に、契約選手がシューズの紐を(わざと)結び直す瞬間だとか。出場選手のシューズ契約、出場チームのユニフォーム契約数にみるスポンサー別選手&チーム分析。

アディダス(独)
契約国=6カ国
ドイツ/フランス/スペイン/トリニダード・トバゴ/アルゼンチン/日本

 1948年、ドイツ人靴職人アドルフ・ダスラーによって創業された、老舗中の老舗。80年代前半までトップブランドとしてスポーツ界に君臨したが、ダスラー一族による旧来型の経営手法やアメリカ市場での失敗により、93年に身売り。しかしその後、業績は徐々に回復し、05年には英リーボックと合併、現在業界売上高首位のナイキに肉薄している。また、レアル・マドリードをはじめ、多くの有力クラブや著名選手と契約を結ぶなど、サッカー界におけるシェアは僅差ながらトップ。また、長年FIFAのオフィシャルパートナーを務めているため、各国サッカー協会とのつながりも強い。W杯ドイツ大会でも、最も多くの選手にスパイクを提供するメーカーとなっている。

0607_3shot.jpg

[契約選手]
デイヴィッド・ベッカム(英)、 オリバー・カーン(独)、ジネディーヌ・ジダン(仏)、 アレッサンドロ・デル・ピエロ(伊)
今年4月に発表されたサッカー界収入ランキングで、過去3年首位だったベッカムが2位に転落(総収入約25億円、前年比24%減)。ベッカムを抜いたのが最大のライバル・ナイキと契約するロナウジーニョだけに、アディダスも頭の痛いところだろう。併せて、引退間近のジダン、カーンらに代わる人材獲得も急務だ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』