サイゾーpremium  > 限定  > 毒舌コラムニスト今井舞の提言「事務所の焦...
嵐はSMAPを超えられるのか?【4】

毒舌コラムニスト今井舞の提言「事務所の焦燥感が嵐をツブす?」

+お気に入りに追加

0811_nakai.jpg
なんだかんだと言われても、バラエティタレントとしての実
力はピカイチの中居。嵐メンバーでは、まだまだひとりで
番組を回すには実力不足。

──SMAPは『SMAP×SMAP』、嵐は『ひみつのアラシちゃん!』と、それぞれプライムタイムに冠番組を持つ2組。視聴率勝負の結果は当特集【2】の通りだが、そもそもバラエティタレントとしての実力は、一体どちらが上なのか!? 毒舌コラムニスト・今井舞氏がメッタ斬り!

 嵐の問題点は、おのおののキャラクターが定着していないことですね。SMAPをドリフターズに例えたときの、いかりや長介が中居で、志村けんがキムタク、加藤茶が慎吾で、仲本工事が草彅、高木ブーが吾郎ちゃんというふうな、各人のキャラクターの世間的なコンセンサスが、嵐では取れてない。

 いちばん主役っぽいのは松潤。リーダーの大野は「週刊現代」の大麻報道でケチがついた。櫻井は一番組でキャスターをやってるだけならよかったけど、オリンピックやサミットなどにまで手を出してしまったがために叩かれた。二宮は「ハリウッド俳優」と自虐ギャグ風に言っているけれど、うぬぼれ感があって、自虐に聞こえない。相葉に至っては「誰......?」という感じ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載