サイゾーpremium  > 特集  > タレント・来栖あつこが選ぶヤバいくらいた...
第1特集
09年度"各界の顔"が選書するこの1冊!【2】

タレント・来栖あつこが選ぶヤバいくらいためになった本

+お気に入りに追加

元恋人とのあの"騒動"後に読んだ自衛隊員の恋愛を描いた短編集

1001_kujiranokare.jpg
(写真/田中まこと)

 恋愛小説はあまり読みません。どちらかというと浅田次郎さんのような人情ものや、宮部みゆきさんみたいなファンタジーが好きなんです。仕事柄、短い時間でもさっと読めたり、あるいは日常とはかけ離れた話だったりするほうがすんなり物語の世界に入っていけるんですね。

 でも、今年読んだ小説で一番面白かった有川浩さんの短編集『クジラの彼』は、恋愛小説なんですよ。6月のあの大変な事件【註】があって、やっと心に余裕が出てきた頃に読んだんです。

 もともと私は『ラブ・アクチュアリー』のような映画が好きで、ああいう"心温まる群像劇"っぽい小説ということでお友達から薦めてもらったんですけど、実は恋愛ものだったんです。もしお友達が「恋愛小説なんだけど」と言ってたら、絶対読んでなかった。今もそうですけど、恋愛はしばらくいいやっていう気分だったので(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ