サイゾーpremium  > 特集  > 芸人・鳩山来留夫が選ぶヤバいくらいために...
第1特集
09年度"各界の顔"が選書するこの1冊!【3】

芸人・鳩山来留夫が選ぶヤバいくらいためになった本

+お気に入りに追加

"政権交代"ブレイク芸人が語る鳩山由紀夫・"名(迷?)言"集の魅力

1001_uchujingoroku.jpg
(写真/田中まこと)

 実は、今年になって鳩山来留夫に改名するまで、鳩山首相がどんな方なのか、まったく知らなかったんです。それでマネージャーに「勉強しなさい」と渡されたのが、この『新総理鳩山由紀夫の宇宙人語録』なんですよ。最初はキャラづくりのために読んでいたのに、エピソードをいろいろ知るうちにすっかりファンになってしまって。たとえば「人を信じて生きる方が自分にはあっている」という言葉。まるで海援隊みたいですけど、まさに友愛ですよね。そのイメージから温和な方かと思いきや「二匹の鳩が麻生総理をつついている」という言葉のように、攻撃的なところもあって、男としてかっこいい。あと、弟の邦夫先生には結構攻撃されているんですけど、兄は温かく見守ってる的な発言で返しているんです。そんな男としての余裕も見習いたいですね。

この本を読んでから、妻の愛し方も変わりました。それまで普通の女かな、と思ってたんですが、今は幸夫人みたいな「太陽のような存在」ですよ(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ