サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 破綻国家アフガンの真実と腐敗構造に消える...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第37回

破綻国家アフガンの真実と腐敗構造に消える日本の金【中編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

イラクでの成功例を適用するアメリカの思惑

神保 アフガニスタンでの外国人兵士死者数のデータを見ると、08年はトータルで295人(うちアメリカ兵155人)、09年ではトータルで460人(うちアメリカ兵281人)。和解が望まれる状況で戦いは激化する一方ですが、アメリカが増派を続ける意図はどこにあるのでしょうか?

伊勢﨑 オバマ政権が今年2月に発表した1万7000人の増員は、アフガニスタンでの第2回目の大統領選挙の投票率を上げるためです。選挙に先立ってタリバンが「投票に行けば指を切り落とす」という脅迫を行ったため、特に投票率の低下が危惧されていた南東部に増派しました。しかし、結果として投票率は上がらなかったので、増派は失敗したことになります。

神保 現在アメリカは4万人の増派を検討していますが、こちらの目的とは?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ