サイゾーpremium  > 連載  > ビジュアルさんいらっしゃい!!  > ラクリマでもピエロでもない、鳥肌モノ超絶...
連載
"鬼畜系ライター"Kei-Teeの「ビジュアルさんいらっしゃい!」 第13回

ラクリマでもピエロでもない、鳥肌モノ超絶バンド ALvino

+お気に入りに追加
0912_visu.jpg

──KOJIさんと潤さんは、かつてV系として頂点を極めたわけですが、このバンドでV系と言われるのは抵抗ありますか?

KOJI(以下、K) バンド単位でV系って言われると、「どこが?」っていうのがあるんですけど、もともとV系といわれるカテゴリーの中で育ってきたから、そこまでではないですね。翔太は困惑してると思うけど(笑)。

──皆さん、このナチュラルメイクですもんね。

K 最初、「メイクどうする?」って相談し合ったんだけど、あんま盛り上がらなかったんで(笑)、じゃあいいか、と。

翔太(以下、) 2人の昔のDVD観たりしてたから、「『メイクしろ』って言われるのかな」と思ってたんですけどね。でも、V系の棚に置いてあるCD屋さんもあるし、「V系」って言われるのは「カッコいい」ってことなのかな、と(笑)。

──バンド結成の経緯は?

K 前のバンドが同じ事務所同士だった縁で俺と潤が仲良くなって、一緒に曲作りしてたら、2人の感覚がすごいマッチしたんです。で、曲がどんどんできちゃったんで、ボーカル探しをしたんですよ。

──オーディションか何かで?

K いろいろやりましたね。ライブハウスに行って、初対面でいきなり声をかけたりね。「あなた、今やってるバンド辞めない?」みたいな(笑)。結局、翔太を選んだのは、お世話になった北海道のラジオ局のディレクターの方に、彼のCDを聴かせてもらって、「あ、いい声だな」ってことになって。

 最初は、身元を明かされなかったんですよ。

K 会ってみて「ラクリマだ! ピエロだ!」とかってならなかった?

 全然わかんなかったです(笑)。

K (笑)。まあ、へんに構えられてもやりにくいしね。

 でも、知らんは知らんで、ちょっと切なかったです。でも、最初に会った瞬間に「お願いします!」って肩叩かれて(笑)。堂々としてたから、逆にいいんじゃないかって。

──ベースとドラムは、正式メンバーを入れないつもりなんですか?

K 音楽制作に際して、お互いを補い合えるくらいのドラムとかベースに出会ってたら、一緒にやってたと思う。ただ叩けるとか弾けるとかだけじゃなくて、ぴったり好みが合わないと、バンドって、すぐに意見がぶつかってしまうんですよ。

──2人とも、バンドの難しさはわかってますからね~。

 はい!! (爆笑)

──でも、バンドやってるとやっぱモテますよね?

K モテますよ!! (笑) でも、プライベートでもモテるかどうかは、結局本人次第だと思う。

 音楽で、大変なものを乗り越えてやりたい世界を追求していくわけで、輝いて見えて、モテて当然じゃないですかね。

K カッコいいこと言うね(笑)。

──翔太さんは、モテてますか?

 それがまだ……。モテたいと思いながら過ごしてるんですが(笑)。

 誕生日に、プレゼントが段ボール単位で届いてたじゃん!

 いや、でも、一人暮らしなんで、カップ麺とかですよ(笑)。

 お前さ、夢を与えなさいよ。

──取材の時、「○○の服が欲しい」とか言わなかったんですね。

 あー、そういう方法はあんまり知らなかったですね。

──お2人はよくご存じですよね?

K そういうことも、最近はあんまり言わないっすよ(笑)。

──当時はビジュアルバブルだったから、すごいのもらってそう。

K 俺、現金ってことがありましたよ。現金書留で。かなりの額です!

──やっぱり!

K でも、事務所の社長が「受け取っちゃダメ」って、送り返しました。チッと思ったけど(笑)。

──移籍もありましたが、これからのアルヴィノの方向性は?

 これを機に本格的V系に(笑)。

 マジっすか!?


あるゔぃの
(写真右より)Gt.KOJI/Vo.翔太/Gt.潤 バンド名は、「Alchemy vision normal」の略。超人気V系バンドだったPIERROTの潤と、同じく多くのヒットを飛ばしたLa’cryma ChristiのKOJIを中心に06年に結成。実際、ラクリマのほとんどのヒットソングはKOJIによる作曲であった。07年にバップよりメジャーデビューし、今年に入って日本クラウンに移籍、活動の場を広げることとなった。オリコン誌上で、KOJIが「彼氏にしたいアーティスト」第1位を獲得したという輝かしい過去も。楽曲、演奏力、ルックスの三拍子がそろった、無敵のV系バンド。

ニューアルバム
『capsule』

0912_visu_cd.jpg
(発売/日本クラウン)

2曲目「金木犀」の音が流れ始めた瞬間、「ヤラれた」と思った。カッコ良すぎて鳥肌が立ったの! 聴覚を刺激されまくり、昇天させられました(ハート)キッズの頃はこんな感覚もしょっちゅうだったけど、大人になってからは初。いそうでいなかった声質、ちょっと恥ずかしいくらいのスイートな歌詞、押さえるとこを全部押さえた2人のギター、そして完璧なアレンジにヤラれまくりました。ラクリマでもPIERROTでもない、誰も想像つかなかった最高の1枚。こんなバンドはもう出ないよ!

Kei-Tee的インタビュー後記

0910_keitee.jpg
 資料でもらうCDって、たいして期待して聴かないんです。興味のあるバンドは、そもそもCD持ってるしね。で、今回も期待しないで再生したところ、いきなり大ファンになるという、ありえない事態に発展したのでした。本当のこと言うと、ラクリマとジャンヌダルクの区別つかないし、ピエロはVoのキリトの顔しか浮かばなかったし……(ごめんなさい!!)。なのに、1日でアルヴィノのファン!

 一応平静を装って取材してたんだけど、インタビュー終わったあとKOJIさんに、「音楽やってたの?」って言われたんで、「あたしをプロデュースして、デビューさせてください」って言っちゃいました。マジで、KOJI×潤プロデュースで再デビューしたいわ!

<筆者プロフィール>
1973年、東京都生まれ。"神に最も近い男"角川春樹の娘にして、角川春樹事務所顧問、出版プロデューサー。根っからのビジュアル系好きで、元バンギャルにして元アイドル。1歳の愛娘の子育てに奮闘中。自著に、自薦他薦セレブのインタビュー集『セレブの血』(ワニマガジン)がある。 公式サイト


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載