サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 国民的アニメに毒を吹き込むタブー破りの活...
ニュース
無声映画を広めたい

国民的アニメに毒を吹き込むタブー破りの活弁士の素顔

+お気に入りに追加
0910_sazae.jpg

 渋谷の小さなお笑いライブ会場。若手芸人たちに混じり、颯爽と現れた燕尾服姿の謎の男。彼こそが坂本頼光その人だ。スクリーンに映し出されるのは、なんと『サ●エさん』をパロった自作のアニメ『サザザさん』。サザザさんは「ギョギョ」としか言葉を発せない怪女で、波平は殿山泰司そっくり、タマに至っては着ぐるみをかぶった小池朝雄だ。シュールで毒々しい映像にあわせて活弁を繰り広げれば、会場は爆笑の渦に包まれる。

「『サザザさん』は5バージョンあります。作るのに半年かかっちゃうんですよ。凝り性なので(笑)」

 彼の本職は、戦前の無声映画に解説を加える活動写真弁士、つまり活弁士だ。全国に十数人いる活弁士の中で、30歳の坂本は最も若い。昨年は東京国際映画祭の企画で数千人を前に、大作『雄呂血』の活弁を披露した。本職でもトップランナーなのだ。

 そもそも彼が活弁士を志したのは、水木しげると時代劇映画を愛した中学生の頃。高校を中退し、怪優・山本竜二の付き人を務めながら無声映画専門ホールでデビューを果たした。90年代半ばの話とは思えない異分子っぷりだ。

「昔から、好きなことしかやりたくないんですよ。山本さんには、『好きなことをやるならそれで食え』という教えを受けました。ただ、カルト芸人のままでいるつもりもないです。無声映画も広めていきたいし、メジャーでも活動していきたいですね」

 細野晴臣や大槻ケンヂなど、彼のファンは増加中だ。坂本頼光の今後の活動に注目!

(大山くまお)

0910_sakamoto.jpg

さかもと・らいこう
1979年、東京都生まれ。97年マツダ映画社主催の話術研究会に入り活弁士修業を開始し、00年にデビュー。 ブログ「活弁士の分家」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』