サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 押尾事件の背後に蠢く魑魅魍魎 捜査が進ま...
ニュース
警察も危惧する大物政治家の影?

押尾事件の背後に蠢く魑魅魍魎 捜査が進まない本当の理由

+お気に入りに追加

 総選挙以上に注目を集めた、押尾学と酒井法子によるドラッグ事件。ただ、酒井に関する報道に比べ、押尾事件は捜査も報道も控え気味だったといわざるを得ない。

MEMO押尾事件
8月2日、俳優の押尾学が合成麻薬MDMAを使用し、麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕、その後に起訴された事件。また、逮捕当日押尾が一緒に過ごしていた女性の変死体が六本木ヒルズの一室から見つかっており、事件性の有無が注目されている。

「所轄の麻布署は、当初から、変死したTさんの遺族に対して『事件性はない』と言い切っていた。一方で、Tさんの携帯電話が証拠隠滅と思われるような捨てられ方をしていたり、押尾がドラッグ常習者だった疑惑が浮上したりと、事件性をにおわせる状況も出てきた。にもかかわらず、麻布署を中心とした捜査当局は煮え切らない態度をとり続けている。それゆえに、各方面から圧力の存在が噂されているんです」(芸能ライター)

 圧力説の根拠となっているのが、Tさんが勤めていた銀座のクラブに押尾と一緒に出入りしていたA氏。A氏は、パチンコ業界のみならず、格闘技界の黒幕ともいわれている投資家で、半ば芸能界を追放されていた押尾をエイベックスに入れる仲介役にもなっている。

 押尾はさらに、大手パチンコ機器メーカー会長のY氏や、同じくパチンコ機器メーカー社長のI氏とも親しく、特にI氏の息子とは、かなり親密な間柄だったようだ。

「パチンコ業界といえば、警察OBの天下り先。そのため、押尾の背後にいるパチンコ人脈が圧力をかけたのではないか、との声が囁かれたんです。実際、『パチンコ業界とつながりが深い警察OBの政治家が動いた』と、右翼団体も麻布署の前で街宣をしてましたね」(前出・芸能ライター) 

 事件の舞台となった部屋には、押尾以外にも多くの芸能人、政財官界の関係者が出入りしていたとされる。芸能人でいえば、エイベックスやジャニーズ事務所のタレントたちだ。

「今回の事件と関係していたとまでは言えませんが、特に、麻布署はジャニーズタレントについて調べていましたね」というのは、社会部の記者。

「Tさんが勤めていたクラブの関係者が事情聴取をされたときも、ジャニーズのことばかり聞かれたそうです。ベテランのHやかねてから奇行が指摘されてきた若手のAやTに関しては、部屋に出入りする写真を当局が入手したという情報もあった。ところが、ある日を境に、パタリとジャニーズに対する捜査が止まったんです」(同)

 ここで出てきたのが、今は現役は退いている大物政治家のN氏。ジャニーズ事務所社長と昵懇のN氏が、ジャニーズ方面へ捜査がシフトするのを食い止めたという噂が流れたのだ。

「そのほか、部屋の借り主である野口美佳・ピーチジョン社長から連なる人脈への捜査を食い止めるべく、野口をかわいがる経済界の重鎮Iも動いたともいわれます。野口、押尾グループには、関西実業界を裏で仕切る人物の息子も入ってましたからね。さらに息子といえば、自民党大物政治家Mの息子の名前も出てきています」

 このMの息子に至っては、事件の数日前、押尾と銀座のクラブ「R」に出入りしてい姿を目撃されており、事件当日も現場にいたのではないかと目されているのだ。

 事件の背後にこれほどまで"大物"の存在が見え隠れするとなると、当局もそう簡単には手を出せない。しかし、前出の社会部記者は、「外部からの圧力というよりは、警察自身が自重しているんですよ」という。

「彼らにとって一番の問題は、例の部屋に警察官僚が出入りしていたことですよ。ドラッグ常習者が出入りしていたような場所に警察関係者がいたとなると、メンツが丸つぶれですからね。現場の捜査関係者も、『これはあまり深入りするべき案件じゃない』と感じているようです」(同)

 怪事件の真相は、このまま闇に葬り去られてしまうのか?
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』