サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 吉瀬美智子がオールフランスロケで「待つ女...
ニュース
こんな美人、待たす男を見てみたい!?

吉瀬美智子がオールフランスロケで「待つ女」を熱演!

+お気に入りに追加
0909_kichise_re.jpg
美人に歳は関係ない、ってことですね
(撮影/早船ケン)

 今回、初めて自分とはまったく逆のタイプの役を演じたんです。私は好きになったら真っすぐなタイプ。でも朋子は──」

 スクリーンから放たれるのと同じ美貌、艶やかな声。吉瀬美智子の佇まいは、涼しげな、それでいて凛としたオーラをまとっていた。

「今、最も輝いている女性」と称される、女性たちの憧れの存在。だが羨望を集める理由は、決して美貌だけによるわけではない。「Domani」誌の専属モデルを務めてきた彼女が本格的に女優業に進出したのは07年。ドラマや映画で着実にキャリアを積み、今その確かな演技力が評価され始めている。フランス・リヨンを舞台にしたラブストーリーの新作『白夜』では、二人の男の間、過去と未来の狭間で揺れ動く女性の心の襞を、繊細な演技で魅せる。

「私が演じた朋子は、傍目には普通に見えるけど、内面に人に言えない闇を抱えてるんです。でも仮面の下のその危うさを表現するのが難しくて。朋子は、私とは逆の行動ばかり取るんですよ(苦笑)」

 朋子は仕事も家族も何もかも日本に捨て、別れた恋人を追ってリヨンにやってきた元OL。だが待ち合わせの赤い橋の上で出会ったのは、待ちわびた人ではなく、一人のバックパッカーだった──。

 名作『男と女』を思わせる、どこか倦怠気でミスティな雰囲気の中、物語はバックパッカーを演じるEXILE・眞木大輔とのミニマムなニ人芝居で進んでいく。「カメラが回っていないところでは、ほとんど眞木さんとしゃべらないようにしました」というように、ぎこちなく惹かれていく二人の距離感が生々しくフィルムに焼きつけられている。

「正直、最後まで迷いながら演じていました。でも手さぐりで演じる中で、だんだん朋子とシンクロして、ラストシーンでは完璧に彼女になりきれた……かな?」

 ハッピーエンドかビターエンドか。異国の地の恋の行方は、劇場で確認してほしい。
(鈴木ユーリ)

きちせ・みちこ
1975年、福岡県生まれ。「Domani」(小学館)などファッション誌モデルを経て女優に転身し、ドラマ『ライアーゲーム』(フジテレビ)『ブラッディ・マンデイ』(TBS)『BOSS』(フジテレビ)などに出演。現在、来春公開の映画『海の金魚』を撮影中。所属事務所モバイルサイト

0909_byakuya.jpg

映画『白夜』
それぞれの事情を抱え、人生のターニング・ポイントに立った男女が、偶然橋の上で出会う。そして急速に惹かれ合い──。監督/小林政広 出演/吉瀬美智子、眞木大輔 配給/ギャガ・コミュニケーションズ 公開/9月19日より新宿武蔵野館ほか全国順次 公式サイト © 2009「白夜」製作委員会


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』