サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > まだ続いていた嵐・大野大麻疑惑! 処遇...
ニュース
ジャニーズと大麻の関係は...?

まだ続いていた嵐・大野大麻疑惑! 処遇をめぐりジャニーズは混乱!?

+お気に入りに追加
0909_ono.jpg
いまやジャニーズの中で、最も勢いがあるといわれる嵐のリーダーだけに、彼にまつわるスキャンダルは今後も噴出してきそうだ。

ジャニーズ事務所が、嵐の大野智の処遇をめぐって、揺れ動いているという。

「昨年報道された大野の"大麻吸引疑惑"が水面下で再燃し、大野の処遇をどうするかでジャニーズ内は揺れてます」と同事務所の内情に詳しい大手プロ関係者は言う。

 昨年7月、大野と一緒に大麻を吸引したという女性のうちのひとりの証言を「週刊現代」(講談社)が報じたのは記憶に新しい。誌面には、目がイッている大野の写真も掲載され、大騒動に発展するかと思われた。しかし、ジャニーズ側はこの記事に対して、訴訟に持ち込むようなこともせず、また「週刊現代」側も、問題をそれ以上追及することなく、疑惑は立ち消え。両者の間では政治的決着が図られたとみられてきた。

 ところが、今年の春頃に再び、大野をはじめとしたジャニタレの"大麻パーティ疑惑"を想起させる写真の存在が明らかになったのだ。

「大野と一緒に大麻を吸っていたといわれる元AV嬢は、大麻取締法違反容疑で逮捕されていたんですが、保釈後『なんで、自分だけ逮捕されなきゃならないの。納得いかない』と大手芸能プロ関係者に、さまざまなタレントたちと大麻吸引をしたときの写真を持ち込んだらしいのです」(芸能関係者)

 ある業界関係者を通じて写真を見せられたという芸能ライターは「『週刊現代』に掲載されたものと同じ写真もありましたが、そのほかも多数あり、枚数にして、50~60枚ありましたかね。中には嵐のそのほかの人気メンバーや若手のジャニタレが、女の子と一緒に写っている写真もありました。みんな一様に、尋常ではないラリッた感じの表情でしたね。この写真が大量に流出したら、それこそジャニーズには大激震が走るようなものでしたよ」という。

 だが、これらの写真の存在は、一部業界関係者に知れわたっているのに、いまだに日の目を見ていない。

「写真を持ち込んだAV嬢が証言してくれるという話だったのですが、彼女がメジャーAVレーベルからデビューするとの話が決まって、口をつぐんでしまった。さらに、この写真をネタに、芸能関係者がジャニーズと取引しているという情報もあって、なかなか世に出ないんです」(前出・芸能ライター)

 ところが、一方でAV嬢を逮捕した警察当局が今になって、捜査に動き出したという情報が流れ始めたのだ。

MEMO嵐・大野
ジャニーズ事務所のアイドルグループ「嵐」のリーダー・大野智のこと。1980年11月26日生まれ。抜群の運動神経とリズム感、表現力を持つなど、タレントとしての才能は高く評価されているが、華がないのが致命的との声も。

「それでジャニーズとしては、大野の処遇を考え出したようです。大野は疑惑を否定していますから、簡単に契約解除なんてできない。しかし、グループ内に置いたままで万が一のことがあったら、嵐自体の解散は必至ですし、CM契約している企業や番組を持つテレビ局に莫大な賠償金を払わなくてはいけなくなる。あくまで噂ですが、事が起こらないうちに、大野を事務所から"卒業"させようなんていう計画もあったようですよ」(前出・大手プロ関係者)

だが、まだ疑惑の段階で強行手段に出ようものなら、ほかのタレントたちの反発は避けられない。現在、事務所内は、ジャニー喜多川社長もメリー喜多川副社長も高齢により、以前のような求心力を持っておらず、また、後継者と目されるジュリー藤島取締役は、かねてから強引に物事を進めるその手法が内外から反発を買い、急速に影響力を落としているとも言われる。

「特に最近は、あまりに強引にKAT−TUNの亀梨和也をテレビや映画に押し込むので、業界内でのジュリー氏の評判はよくない。大きな不祥事が起きれば、局側のジャニーズ離れが本格化しますよ」(テレビ関係者)

人気者ゆえ、いまだ尾を引く"大麻吸引疑惑"。もう一波乱はあるのだろうか?
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』