サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  >  "キング・オブ・カルト"ヘネンロッター...
ニュース
カルト映画ブームを巻き起こした鬼才が登場!

"キング・オブ・カルト"ヘネンロッターの最新作は死ぬほどヤバイ!

+お気に入りに追加
0905-frank_re.jpg
米国カルト映画界の鬼才がホテルで死亡!?

 渋谷のホテルの一室で発見された死体は、米国カルト映画界の鬼才フランク・ヘネンロッター監督であることが判明した。フリークス兄弟の葛藤をグロテスクかつポエティックに描いたホラー映画『バスケットケース』(82)などで熱狂的なファンを持つ彼は、16年ぶりの新作『バッド・バイオロジー』のPRのために来日中だった。最期に本誌と交わした会話を再現したい。

「やぁ、16年も待たせてしまったね。作品のオファーはあったけど、『バスケットケース』シリーズの続編を撮ってくれとか、血がドバドバ出るスラッシャー系を頼むとかで、気の進む企画がなかったんだ。普段はビデオ会社に委託され、旧作をセレクションしてDVDとしてリリースする仕事をしているんだ。これはこれで楽しい仕事なんだけど、2カ月間休みをもらって新作を撮り上げたってわけさ」

 本作は、ヘネンロッター監督が久々に「撮りたい!」と本気で取り組んだ作品なんですね。8つのクリトリスを持つ女性と、巨大化した男根が自意識を持って動き回る男性が運命的に出会うストーリーは、あまりにも神秘的。現代のアダムとイブのようです。

「そうだね、新人類の神様の誕生を描いたドラマといえるかもしれないね(笑)。セックスコメディとして笑ってもらってもいいし、秘密を抱えた男女のシリアスな悲劇と考えてもらっても構わない。僕の作品は観た人が自由に解釈して、楽しんでもらえればいいんだ」

 そもそもホラーやフリークスに興味を持つようになったのは、なぜなんでしょうか?

「小さい頃からホラー映画を映画館のマチネで観て育ったんだ。でも、僕が一番怖いと思うのは超常現象ではなく、自分の体が病気や死によって、コントロールできなくなってしまうこと。実は本作の撮影直前の検診で、僕はがんだと宣告されたんだよ。自分の体の中に知らない細胞ができている。これは、まさに恐怖だよ。でも治療と並行して撮影を続けていたら、がん細胞が消えてしまった。医者も不思議がっていたね。つまり、僕にとって映画製作が最高のセラピーだったのさ!」

 ということで、ヘネンロッター監督は今もピンピンしており、自分が死体を演じている写真を見て大喜びしながらNYへと帰っていった。(長野辰次)

0905_BB_bamen.jpg

『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』
8つのクリトリスを持つ色情狂の女流カメラマンと肥大化したペニスを持つ内気な青年は、それぞれ自分の身体的な秘密を隠しながらNYで暮らしていた。しかし、2人は運命に引き寄せられるように出会ってしまう。
監督・脚本/フランク・ヘネンロッター 製作・脚本/R.A. ソーバーン 出演/チャーリー・ダニエルソン、アンソニー・スピード 配給/キングレコード+iae 6月6日よりシアターN渋谷にてレイトロードショー。

フランク・ヘネンロッター
1951年生まれ、NY在住。16mmで自主製作した『バスケットケース』(82)がカルト的人気を呼ぶ。寡作ながら、その後も『ブレイン・ダメージ』(87)、『フランケンフッカー』(90)などの怪作を発表。『バスケットケース3』(91)は仕事として嫌々ながら撮ったので気に入っていないとのこと。旅先で自分が死んでいる写真を撮るのが趣味で、写真集にしたいと考えている。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』