サイゾーpremium  > 連載  > マルサの女  > 私、ちょっとおかしいんです。
連載
マルサの女──ローラ

私、ちょっとおかしいんです。

+お気に入りに追加
0903_marusa_1.jpg
↑クリックで拡大します。(写真/角田修一)

 タイトな漆黒の服に映える、褐色の肌がまぶしい。このエキゾチックな美女は、メンズが大多数のサイゾー読者には馴染みが薄いかもしれないが、「Popteen」(角川春樹事務所)や「ViVi」(講談社)を中心に活躍する、人気モデルのローラ。実は、本誌2月号で「09年の注目美女」として彼女をピックアップしているのだが、ひょんなタイミングで今回、表紙を飾ってもらうこととなった。

0903_marusa_3.jpg
↑クリックで拡大します。(写真/角田修一)

「サイゾーを見てね、女の人しか私のこと知らないと思ってたから、『ワオ!』って感じで、すごくうれしかった。いつもは女性誌に出ることが多いから、ちょっと不思議な気分だけどね(笑)」

 大きな瞳で見る者をクールに挑発する、このグラビア写真のビジュアルからは想像しづらい、独特のハイテンションで話す彼女。普段からそんなに明るいんですか?

「うん。とてもマイペース。あと周りにいっぱい人がいると、ヘンな人になっちゃうんだよね(笑)。私、双子の兄がいるんだけど、何考えているかわかんないとか、変なとこで怒るってよく言われるし。最近怒ったことというと......うーん、えーと......覚えてなーい(笑)」

 うーん、彼女と話していると、なんだかこちらまで楽しくなってくる。でも、人から変わってるって言われるの、イヤじゃないんですか?
「んー、あんまりイヤじゃない。自分でもおかしいと思ってるから(笑)。でも自分では、意外と物事をハッキリ考える人だと思っていて、つまり、これがよくない、だからこうなってた、だからこうした。よくわからないかな? だから、私は物事はちゃーんと考えてる。でも、それを言葉で表現するのが下手というのがあるから。んー、そうだな......」

0903_marusa_2.jpg
↑クリックで拡大します。(写真/角田修一)

 う、うーんと、要は、「実は論理的に考えてるんだ」ってことですね? なるほど、彼女は、心の中にある自分の感情や想いに対して素直に向き合い、それをなるべく正確に伝えようとしているのだ。そんな真っすぐな姿勢が、周囲を明るくポジティブな雰囲気に包むのではないだろうか?

「今年の目標は、この先の進路をちょこっとハッキリさせること。ちょこっとね。あとは英語をもーっと身につけたい!」

 昨年8月には、「Popteen」主催のイベント『あげるPopteen祭』においてオリジナル楽曲を披露し、最近はボイストレーニングも始めたという彼女。語学への意欲も、自ら英語の歌を作って歌いたいという考えから導き出されたものだという。歌手という夢に向かって、真正面から取り組む彼女。そのあり余るハッピーなエネルギーで、これからも、より多くの人にハッピーをまき散らしてほしいものである。
(エリンギ)

ろーら
1990年3月30日、バングラデシュ生まれ。身長164cm。「ViVi」(講談社)や「Popteen」(角川春樹事務所)などで活躍するハーフモデルで、バングラデシュ人の父と、日本人でロシア系クオーターの母を持つ。双子の兄は「ViVi」に登場したことがあり、かなりのイケメン。特技はベンガル語と英語だが、「中学生の時にバングラデシュに英語の勉強のために留学したんだけど、遊んじゃって全然勉強しなかったの。マンゴーの樹に登って取って食べたりして、で、日本帰ってきた(笑)」とのこと。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』