サイゾーpremium  > 連載  > 佐々木俊尚のITインサイドレポート  > 鍵を握るは「ネット」と「個人」新聞以後の...
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第11回

鍵を握るは「ネット」と「個人」新聞以後のメディアが百花繚乱!

+お気に入りに追加

──日本以上に新聞社の淘汰が加速度的に進むアメリカでは、その穴を埋めるように、早くも次のメディアが続々と立ち上がっている。プロのジャーナリストではない「個人」と「ネット」を最大限活用し、このニューメディア戦国時代を制するのは誰だ!?

0903_it_ill.jpg
次々と生まれる新聞以後の新メディア。取り
残された新聞社の寿命は、あとどれほどな
のか......。

 新聞社をめぐる環境が、ますます悪化してきている。シカゴ・トリビューンが倒産したのは昨年の話だが、今年に入ってからアトランティック紙が「ニューヨークタイムズは5月に破綻するのでは」という記事を書き、タイムズ側が慌てて否定するという出来事も起きた。しかし同社の危機は昨年から顕在化しており、最近ではメキシコの大富豪から莫大な資金を融通してもらうことを決め、この経営危機をしのごうとしている。

 またグーグルはここ数年、新聞紙面の広告枠をネットで販売するサービスを提供し、800紙以上に広告を配信していたが、2月いっぱいで終了することを決めた。この発表に対して、アメリカの有力なIT系ニュースサイト「テッククランチ」は「新聞は急降下を止められなかった。グーグルでさえ援助するつもりがないとは」と書いた。新聞はグーグルから見放された、という論調だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ