サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 嵐・松本潤に命の危険!?セルフプロデュー...
ニュース
過度な演出が大惨事を招く?

嵐・松本潤に命の危険!?セルフプロデュースの功罪

+お気に入りに追加
0902_ns_P18_saotome.jpg
Hey! Say! JUMPの薮宏太と八乙女光。

 年末年始にかけて、大阪、名古屋、横浜の3都市で開催された「Hey! Say!Jump-ing Tour '08-'09」。このツアーでは、メンバーの八乙女光、薮宏太が、ステージ構成から演出、衣装などすべてに渡ってコンサートをプロデュースし、「JUMPにしかできないような、笑顔いっぱいのステージにしたいね」と話し合う姿やリハーサル風景などが、『Hi! Hey! Say!』(テレビ東京)で密着取材され、公演前からファンの気持ちを盛り上げた。

 アイドル自身がコンサートの演出を行うなんて......と驚く方もいるかもしれないが、ジャニーズ事務所においては珍しいことではない。実務にどの程度まで携わっているかはさておき、最近のコンサートや舞台のほとんどは"アイドル本人プロデュース"の形が取られている。


0902_ns_P18_matsumoto.jpg
MJ WALKのやりすぎにはご注意を!!

「有名どころでいえば、SMAPコンの演出は95年の夏以降、すべて中居正広が総括してきました。それ以前から、衣装や振り付け、選曲などに何かと口を出していたらしく『だったら納得のいくようにやってみたら?』という流れになったようですね。また、弱冠16歳のときにJr.コンの演出を初めて任されたという滝沢秀明も、自身のコンサートは当然のこと、後輩たちのコンサート演出やJr.ユニットのプロデュースをはじめ、プライベートでもイベントを企画するなど精力的に裏方業に取り組んでいるようです。さらに嵐の松本潤もここ数年は演出を担当し、逆さま歩きのMJ WALKや、透明の床が動くジャニーズ・ムービング・ステージなど、斬新なアイディアを次々と提案していますね」(ジャニーズ通)

 さらに、「光と影」をテーマにV6夏コンの総合演出を担当した岡田准一も、コンサートのみならず、ドラマで企画を提案。自ら作った企画書でプレゼンを行ったという『SP』(フジテレビ)は、深夜枠にもかかわらず高視聴率を記録するなど結果を残した。


「アイドル自身にプロデュースを任せるのは、その力を当てにしているというよりは、彼らのモチベーションを上げる効果を期待してるんでしょう。昔のようにただやらされているだけでは、そのやり方に不満を抱く場合もある。タレントの向上心を満たしつつ、ファンや世間に対して努力をアピールできるのだから、一石二鳥ですよね」(同)

 だが、素人同然のアイドルに演出を任せることで生じる弊害もある。

MEMOセルフプロデュース
タレント、ミュージシャンなどが、作品のプロデュースを自分で担当すること。ジャニーズ事務所では、コンサートなどでこの割合が非常に高いが、実際にどこまで実務に携わっているかは謎。

「嵐のアジアツアーの松潤のソロでもMJ WALKが取り入れられていたんですが、台湾公演の際に、急下降したまま頭が床にぶつかりそうになって、ひやりとする場面があったんです。松潤がとっさに両手をステージについたためケガはなかったんですが、1秒でも遅かったら確実に頭を強打していたはず」(ツアーに参加した嵐ファン)

 この件に関しては、台湾の慣れない会場でのスタッフのミスが原因だったようだが、奇抜すぎるアイディアが、時には危険を招くこともあるという例だろう。


「また、昨年行われた今井翼の舞台『World's Wing 翼 Premium2008』は、本人の希望のもと、セリフもなく、世界中のあらゆる踊りで物語を表現するという形で上演されたのですが、ファンには『まったく理解できなかった』『難しかった』と不評。堂本剛が244 ENDLI-x名義で行っているソロワークプロジェクトも、アーティスト色が強すぎて、従来のキンキファンには理解しづらい部分も多いですね」(制作会社関係者)

 それでも「好きなアイドルのやることならば」とすべてを受け入れる熱心なファンが多いことから、アーティスト気取りのジャニーズタレントが増加中。「理解できない人は参加しなくていい」と切り捨てるのは簡単だが、万人のファンに夢を与えるのがアイドルの本業であり、自己満足な演出が独り歩きするのであれば、それは本末転倒ではないか。Hey! Say! JUMPの若き2人には、今後も本人たちの目標でもある「ファンが笑顔になれるステージ」を作り続けてほしいものだ。
(竹辻倫子・平松優子)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ