サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > マスコミが報じない、スキャンダルに隠され...
ニュース
ジャニーズのスキャンダル番長、ここに極まる!

マスコミが報じない、スキャンダルに隠されたカツン田中聖の深イイ話

+お気に入りに追加
0901_ns_tanaka-kiji.jpg
「救急車出動事件」を報じる「週刊文春」11月27日号。事件は、11月6日未明に起こったという。

 かねてから交際中のモデル・藤井リナとの痴話ゲンカの末、午前4時に救急車を出動させた……というドタバタ劇を「週刊文春」11月27日号に報じられてしまったKAT-TUN田中聖。「ジャニーズのスキャンダル番長」との異名を取る彼だが、お相手の藤井も、バイクの違法駐車を繰り返した末に反則金約60万円を無視していたことが発覚するなど、いわゆる問題児。元カノのあびる優が集団万引を告白したり、同じく交際が囁かれていた元AV女優・倖田梨紗が覚せい剤と大麻取締法違反で逮捕されるなど、彼の周囲にはスキャンダルが絶えることがない。

 奇抜な髪形にヒゲ、ランニングにアーミーパンツなど、ジャニタレらしからぬイカツイ風貌が反感を買ってしまう田中。実際プライベートでも、その派手な遊びっぷりは話題になっている。

「彼は、とにかくクラブ通いが大好き。数年前からは渋谷を中心に"ジョーカー""ショッカー""ボウズ"と名乗って友人らとイベントを開催していました。ジャニーズのアイドルが個人的にイベントを行うなんて前代未聞ですから、春ごろには事務所に発覚してこっぴどく叱られたようですね。さらに、夜遊びをするヒマはあるのに、一浪してまで入学した城西国際大学を『学校が遠いから』との理由で中退するなど、自堕落な生活が上層部の怒りを煽り、最近は『夜遊び禁止令』が出されて実家暮らしを余儀なくされているとか。他メンバーがドラマや映画、舞台など次々とソロの仕事が決まっていく中で、彼だけが仕事を干され、時間を持て余しているようです」(週刊誌記者)

"問題児"レッテルを貼られ、今後の活動も不安視されている田中。しかし彼、意外な素顔を持っているのだ。

0901_ns_tanaka.jpg
「JOKER」名義で、KAT-TUNの曲にラップ詞をつけることも。「歌詞がサムすぎる」という意見もあるが、田中くんはイケメンだから何をやったってサマになるのだ。

「風貌で誤解されることも多いんですが、聖はすごく家族思いなんです。聖の実家が家を新築した際、親が彼の名義で勝手に住宅ローンを組んじゃったらしいんですが、文句ひとつ言わずに自分の給料からせっせと払い続けているとか。また、春からジャニーズJr.になった10歳下の弟のことも、何かとフォローしてやっているようです」(KAT-TUNの熱心なファン)

 男5人兄弟+両親という大家族に育ち、Jr.時代から「両親や家族を助けるのがオレの夢」と熱く語っていた田中だけに、一家を支えていくのは本望なのだろう。さらにこんな話も。

「11月3日、埼玉県にある障害者の自立支援施設で行われた学園祭に聖が参加していました。去年に続き、2回目。物販の手伝いをしたり、学園のために作ったオリジナルの曲を披露したり、最後は生徒さんたちと中庭でレイブみたいなのをしながら盛り上がってましたよ」(ジャニーズ通)

 親友がこの施設で働いている縁もあり、運営にかかわるようになったという田中。"福祉をカッコよく"をテーマに、学園で制作、販売する『LILYHILL』なるブランドのTシャツやバッグ、タオルのデザインまでも手がけている。また、今年10月には聴覚障害の息子を持つSPEED・今井絵理子もこの活動に賛同するなど、芸能界にも『LILYHILL』の輪は広がりつつあるようだ。

MEMOカツン田中
ジャニーズ事務所のアイドルグループKAT-TUN(正確には「カトゥーン」)のメンバー田中聖のこと。現在23歳。一見問題児だが、根はとってもいいやつ。名前の読みは「せい」ではなく「こうき」。

「渋谷で彼が開催していたクラブイベントも、利益のほとんどは『LILYHILL』の活動費に充てられたようです。会場ではグッズはもちろん、学園の生徒さんが作ったプリンも販売されて、美味しいと評判でした。さらに最近では、身寄りのない老人たちの集まる施設にもボランティアに行き、歌ったり、寸劇をしたり、話を聞いてあげたりしているとか。悪い評判ばかり取り沙汰されてしまうけれど、裏を返せば、それだけほかのメンバーより素直で不器用なだけ。本当は情にもろくて優しいヤツなんです」(同)

 23歳の誕生日を迎えた翌週には、公式携帯サイトの日記で「友達にも家族にも恵まれて、俺の周りには最高な人しかいません」と熱いメッセージを綴っていた田中。魑魅魍魎が蠢く芸能界の中で、まっすぐなハートを失うことなく、ぜひとも我が道を突き進んでほしいものだ。
(竹辻倫子・平松優子)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載