サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ジャニーズで児童虐待!? 酷使されるちび...

14歳──ジャニーさんのスペオキとの呼び声も高い、関西ジャニーズJrの中山優馬の年齢

0811_morimoto.jpg
Hey!Sey!JUMP!最年少の森本龍太郎。
わずか13歳の中学1年生である。

 虫垂炎汎発性腹膜炎で9月6日に手術を行い、9月8日から10日に開催された「大阪凱旋コンサート」追加公演への欠席を余儀なくされた、関西ジャニーズJr.の中山優馬。しかし、このコンサートはそもそも、ドラマ『バッテリー』(NHK)主演の中山と、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ)に出演した関西Jr.の中間淳太、桐山照史らが「地元のファンに成長した姿を見せるために」と企画されたステージ。それを配慮してか、同公演のアンコールでは車椅子に乗った中山が私服姿で登場し、「体調が悪くて出られません。でもすぐに復活します」と、弱々しい笑顔をふりまくシーンも見られた。

「いま、ジャニー喜多川社長のスペオキ(スペシャルなお気に入り)といわれているのが、この中山です。ジャニー社長は今後の関西Jr.について『東京からタレントを呼ばなくても、大阪は大阪でやっていけるようにしたい』と明かしており、活躍の場を広げていくつもりのよう。その布石として、今回の件で中山のイメージアップを図ろうとしたんでしょう。ただ、せっかく無理をして出てきたにもかかわらず、肝心のファンからは『なんか痛々しすぎて引いた』と批判も多く、逆効果だったようですけどね」(週刊誌記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載