>   >   > NEWS・小山慶一郎の「早期テレビ復帰」で、“アノ企業”に苦情殺到の恐れが……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NEWS・小山慶一郎の「早期テレビ復帰」で、“アノ企業”に苦情殺到の恐れが……

+お気に入りに追加
1806_koyama_2

 視聴者の理解は得られるのだろうか。

 未成年女性との飲酒およびイッキ飲み強要騒動で、6月7日からタレント活動を自粛しているNEWSの小山慶一郎が、なんと6月30日放送の音楽番組『ミュージックフェア』(フジテレビ系)に出演する見込みだという。

「関係者の間では27日放送の『テレ東音楽祭2018』(テレビ東京系)での復帰が有力視されていましたが、これは生放送ということで見送られた。30日に放送される『ミュージックフェア』は、7日に飲酒強要が報じられるよりも前に収録されたもので、一部報道によれば、彼はNEWSのメンバーとして“しれっと”登場するようです」(芸能ライター)

 キャスターとして出演していた『news every.』(日本テレビ系)とは違い、いちアイドルとしての歌番組出演とはいえ、わずか3週間半でのテレビ復帰には首を傾げる人も多いようだ。

 ネット掲示板などは「はえーよ」「ちょっとした休暇やん」「ただの早めの夏休み」といった声であふれ、非難の嵐が吹き荒れている。そんな状況に、広告代理店関係者はこう危惧する。

「1964年に放送がスタートした『ミュージックフェア』は、日本の民放でレギュラー放送されている全ての音楽番組の中でも最長寿番組です。正式名は『シオノギ・ミュージックフェア』で、放送開始以来、塩野義製薬の一社提供番組であり、冠スポンサー番組でもあります。かつて、矢口真里が不倫騒動後に日清食品のカップヌードルのCMに出演した際には、視聴者からのクレームが殺到し、わずか10日間で降板する事態となりました。50年以上続く由緒正しき番組ということに加えて、一社提供。クレームの矛先が明確な分、同社にはかなりの苦情や抗議電話が殺到することになるかもしれません」

 テレビで小山の姿を見て頭痛がしてきた人も、クレームを入れるよりまず「痛くなったら、すぐセデス」で対処すべし?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』