サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > NEWS・小山慶一郎の「早期テレビ復帰」で、“アノ企業”に苦情殺到の恐れが……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NEWS・小山慶一郎の「早期テレビ復帰」で、“アノ企業”に苦情殺到の恐れが……

+お気に入りに追加
1806_koyama_2.jpg

 視聴者の理解は得られるのだろうか。

 未成年女性との飲酒およびイッキ飲み強要騒動で、6月7日からタレント活動を自粛しているNEWSの小山慶一郎が、なんと6月30日放送の音楽番組『ミュージックフェア』(フジテレビ系)に出演する見込みだという。

「関係者の間では27日放送の『テレ東音楽祭2018』(テレビ東京系)での復帰が有力視されていましたが、これは生放送ということで見送られた。30日に放送される『ミュージックフェア』は、7日に飲酒強要が報じられるよりも前に収録されたもので、一部報道によれば、彼はNEWSのメンバーとして“しれっと”登場するようです」(芸能ライター)

 キャスターとして出演していた『news every.』(日本テレビ系)とは違い、いちアイドルとしての歌番組出演とはいえ、わずか3週間半でのテレビ復帰には首を傾げる人も多いようだ。

 ネット掲示板などは「はえーよ」「ちょっとした休暇やん」「ただの早めの夏休み」といった声であふれ、非難の嵐が吹き荒れている。そんな状況に、広告代理店関係者はこう危惧する。

「1964年に放送がスタートした『ミュージックフェア』は、日本の民放でレギュラー放送されている全ての音楽番組の中でも最長寿番組です。正式名は『シオノギ・ミュージックフェア』で、放送開始以来、塩野義製薬の一社提供番組であり、冠スポンサー番組でもあります。かつて、矢口真里が不倫騒動後に日清食品のカップヌードルのCMに出演した際には、視聴者からのクレームが殺到し、わずか10日間で降板する事態となりました。50年以上続く由緒正しき番組ということに加えて、一社提供。クレームの矛先が明確な分、同社にはかなりの苦情や抗議電話が殺到することになるかもしれません」

 テレビで小山の姿を見て頭痛がしてきた人も、クレームを入れるよりまず「痛くなったら、すぐセデス」で対処すべし?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』