サイゾーpremium  > 連載  > マルサの女  > 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
連載
マルサの女

【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1806_86A0250_ss_520.jpg
(写真/kisimari・W)

「肉じゃがとか筑前煮が好きなんです」と話すのはハーフ美女・日向カリーナさん。この度は純日本家屋で梶芽衣子をイメージした、バーチャル女サソリのようなビジュアルに挑戦していただきましたが、普段はティーン向けのファッション誌「S Cawaii!」(主婦の友社)のグラビアを飾るれっきとしたおしゃれモデルさんです。

 それにしても煮物好きとは渋いですね。それはおふくろの味とか?

「いや、お母さんブラジル人なんで、給食とかです」

1806_86A0147_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 あー、そっちですね。クセがないからこそ万人受けするというか。ロケ弁に入ってる田舎煮なんかもうまくないですか? 特に冷えてるほうが。

「おいしいおいしい! 大好き。なんかしみるんですよねえ」

1806_86A0075_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 と、いつになくまったりしているのは、ちゃぶ台を囲んでインタビューしているからなんですけども、そもそもモデルを目指した経緯は?

「小学生の頃からファッション雑誌を見始めて興味を持ってて。『なんかモデルさんて明るくて、自分メインで生きてるって感じがして楽しそうだな』って憧れてたんです。でも私は根暗とはいかないまでも、人見知りで恥ずかしがり屋なので、カメラの前に立ってポーズを取る勇気なんてないなって」

1806_86A0437_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 それがどうして芸能界に?

「スカウトは小学生の頃に受けてたんですけど、お父さんから『成績が悪いから』ってめっちゃ反対されてて。でもやりたくてやりたくて反発もして、高校生になってから進路決定の時期になって『今やらなきゃ私、ダメだ』って思った頃に、たまたまテストの成績が良くて、『じゃあ、いいよ』って許されたんです」

1806_86A0382_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 突然、夢の道が開けたと。

「でも、諦めて『このまま就職かなぁ』って思ってたから油断して太っちゃってて。事務所から痩せなさいって言われて、そこから頑張って10キロ痩せました」

1806_86A0415_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 そのかいあって見事「S Cawaii!」専属モデルに大抜擢されたわけですが、維持は大変じゃないですか? しかも今年ハタチになるので、お酒も飲めるようになりますし。

「今はお菓子を控えるくらいで、わりと食べてます。お酒は週1で飲んでいいとかにしないとヤバいかなあ。でも人間関係が広がりそうで楽しみです」

1806_86A0920_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 そんな日向さんのお休みは?

「だいたいソロか、本当に仲の良い業界の人と、渋谷か表参道、原宿をぶらぶらしてます。あとは実家で動画をあさってますね。NetflixとかYouTubeとかで」

1806_86A0993_ss_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 今後の夢は?

「フレグランスが好きなので、プロデュースしたいですね。あとバラエティ番組に出たいです。『モニタリング』(TBS系)とか大好きなので、いつかドッキリを仕掛けられたいです」

 なるほど。じゃあ、これがフェイク取材だったらどうします?

(熊山 准)
(スタイリング/相澤 樹・LUCKY STAR)
(ヘア・メイク/奥平正芳)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

ひなた・かりーな
1998年9月20日、埼玉県生まれ。小学生の頃にスカウトされ、高校時代に現事務所に所属。マイナス10キロのダイエットを経て、ファッション誌「S Cawaii!」(主婦の友社)の専属モデルに選ばれる。以降モデル、タレントとしてサーティワンアイスクリーム、京都きもの工房グループのCMなどに出演。趣味はピアノ、お菓子づくり。特技は高速まばたきと耳が動くこと。Twitter〈@carina__twi〉 Instagram〈@carina_hinata

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』