>   >   > 知られざる平安時代の春画/妖しき【平安エロ絵巻】の世界

――2015年、春画を主体とした日本初の展覧会「SHUNGA 春画展」が開催され、多くの観客が詰めかけたように、近年は春画が大ブームとなっている。そこで主に注目されているのは江戸時代の浮世絵のものだが、すでに平安時代には性愛を描いた絵巻があったという。それは、春画の新たなフロンティアなのか──。

最古の春画の題材は皇室の大スキャンダル!江戸春画ブームの次はコレだ!?妖しき平安エロ絵巻の世界の画像1
最古の春画の題材は皇室の大スキャンダル!江戸春画ブームの次はコレだ!?妖しき平安エロ絵巻の世界の画像2
「小柴垣草紙」(絵師不明、江戸後期摸写、国際日本文化研究センター所蔵)

 “春画”と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、江戸時代に木版画によって数多く制作された浮世絵の春画だろう。2013~14年にイギリスの大英博物館で開催された春画展でも展示の中心となり、その高い芸術性は世界中に広まった。

 しかし、実は日本の春画の歴史は、江戸時代よりもはるかに古い。最古の春画絵巻と伝えられているのは、「小柴垣草紙」である。後年に模写された写本が多く残されているが、残念ながら原本は残っていない。原本はおそらく平安末期から鎌倉初期に描かれたものとされている。

 物語は、986年(平安中期)に起きた実話をもとにしている。済子内親王が天皇の代わりに伊勢神宮に奉仕するため、京都・野々宮で潔斎(身を清めること)していたが、警護の武士である平致光を自ら誘惑して密通したことが露見し、伊勢行きが取りやめになったという皇室の大スキャンダルを題材に、男女が交わる様子が赤裸々に描かれている。

 その最も古い模写本で13世紀末のもの、『定本・浮世絵春画名品集成17 秘画絵巻 【小柴垣草紙】』(林美一、リチャード・レイン共同監修/河出書房新社)によれば、奥書に制作年が記された写本が複数伝わっており、はっきりわかっているのは1779年、1800年、1828年、1831年、1849年の作。江戸時代後期に多数の写本が作られ、古典的な作品として重視されていたという。

 では、誰が何を目的にこの絵巻を制作したのか? 国文学研究資料館の研究員・井黒佳穂子氏の論文「『小柴垣草紙』の変遷」(「浮世絵芸術」収録、2012年)によれば、写本には済子女王と致光の一夜の逢瀬から伊勢行きが取りやめになった結末で終わる短い〈短文系統〉と、その後、致光が済子女王のもとを再訪して再び結ばれたというフィクションが付け加えられ、性行為のありがたさを説く〈長文系統〉の2つの系統があるという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』