>   >   > なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【2】/【芸能人セックス】のヤバい表現
第1特集
なぜ女たちは芸能人との夜を暴露する?【2】

HMJMの梁井一と映画監督・岩淵弘樹が記事のエロさを分析!セックススキャンダルのヤバい表現

+お気に入りに追加

――こちらの記事で触れた芸能人のセックススキャンダル報道を、2人の映像監督が分析!

1708_koide_200.jpg

■6時間で計5回! 驚愕の精力で中出し連発!
【1】小出恵介
「FRIDAY」(講談社)2017年6月23日号
先月9日、17歳女性との飲酒と淫行が発覚し、無期限の芸能活動休止に。女性はお酒を飲んだあと、ホテルにいた6時間で計5回のセックスを強要され「そのうち2回も中出しされて…」と告白。さらに6月13日発売の「女性自身」(光文社)でも、30代女性が事件に便乗し暴露。「避妊具無しで3回も射精された」「『おなかに出していい?』と言われ『うん』って言ったら中で出された」「30分ほど寝て、起きたらまた覆いかぶさってきて無言で中出し」という鬼畜ぶりが生々しく描かれ、公開処刑に遭った。

[映像監督の評価]
梁井:この回数はサオ師だね。羨ましい。やっぱり中出しはダメだけど、エロさに着目するなら、押し倒して何も言わずに挿入して……男の願望が表現されているよね。

岩淵:小出くんは、自分が勃起すること自体に興奮できるタイプかな? とにかくすごい精力。もしかしたら自分の記事を読んでムラムラしてヌイちゃってるかもね。


1708_takahata_200.jpg

■真似できないからこそエロい…有無を言わさぬ鬼畜セックス!
【2】高畑裕太
「週刊現代」(講談社)2016年11月5日号
2016年8月、ホテルで働く女性への強姦致傷の疑いで逮捕。女性の告白では「ドアが開くと凄い力で手を掴まれてベッドに突き倒された」「『脱げ』と凄みのある声で言われて、無理やりキス。気づくと全裸に」「無理やり手を局部へ持っていかれ『動かせ』、頭を掴まれ『咥えろ、いいから舐めろ』とも言われました」「『生理中だから』と嘘をつくも避妊具無し。『やめて下さい』と訴えても『いいから黙れ』『生理だったら大丈夫だろう』と中出しされた」。ドS発言とともに、行為のディテールが、かつてないほど細かく描かれた。

[映像監督の評価]
梁井:池上遼一的なダンディズムとして描かれている。高畑は事実と違うと反論していたけど、実際どうなんだろう。AV女優であっても、本当に嫌なのに無理やりフェラをさせられそうになったら、男優の手をかむ娘もいるけど……。

岩淵:男は相手が舐めてくれたら、相手が心を開いてくれたのかな? って思っちゃうよね。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』