>   >   > 【芸能ニュース】喜多川社長死亡説のネタ元と役員退社で揺れるジャニーズ
ニュース
元SMAPたちが迎える決断の時…

喜多川社長死亡説のネタ元と役員退社で揺れるジャニーズ

+お気に入りに追加
サイゾープレミアが100円で読める!!

元メンバーの逮捕、そして役員の退社

大麻を所持したとして逮捕されるも、7日には釈放、6月8日現在、不起訴の可能性が高いものの、元KAT-TUN・田中聖の事件は、メンバーがコメントを出すなど、異例の事態となった。SMAP解散騒動以降、なにかとネガティブな話が多いジャニーズにおいて、トップの死亡説まで流れたが……。

喜多川社長死亡説のネタ元と役員退社で揺れるジャニーズの画像1
KAT-TUN時代の田中聖。

5月24日には元所属タレントでKAT-TUNの元メンバー田中聖が大麻取締法違反容疑で逮捕(6月7日釈放)。その数日後には、福岡市博多区で昨年7月に約7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件により逮捕された容疑者のフェイスブックに、NEWSのメンバー手越祐也が一緒に写った画像が載せられていることが発覚。さらには、写真週刊誌「FLASH」(光文社)において、手越のセフレによる告発が掲載されるなど、最近は何かとジャニーズ事務所のネガティブな話題が続いている。

「田中の逮捕については、KAT-TUNのメンバーたちが事件についてコメントする一方、元所属事務所としての正式なコメントはなく、沈黙。手越の件に至っては、発覚後、すぐさま御用メディアの女性週刊誌に、彼が22歳の時、両親に1億円の豪邸をプレゼントしてローンを7年で完済したという“美談”をリーク、火消しに奔走していましたね」と、あきれ顔で語るのはスポーツ紙のデスク。

 田中といえば、ジャニーズ事務所在籍時から東京・西麻布で会員制のバーを経営するなど契約違反を繰り返す問題児ぶりを発揮し、13年9月に「度重なるルール違反行為があった」としてKAT-TUNを脱退、専属契約も解除されることとなった。

 無論、すでに縁は切れているかもしれないが、「田中は12歳でジャニーズに入所。所属事務所がその人格形成に大きな影響を与えているのは間違いない。ジャニー喜多川社長も、メリー喜多川副社長も、普段から所属タレントのことを『家族』などと、キレイ事ばかり言っているのであれば、“元家族”もしっかりとフォローすべきではないか、という声も事務所内から聞こえてきます。メンバーのコメント発表はこうした事務所の体質への反発だったのかもしれません」(同)という。

 とはいえ田中は、同じくジャニーズを離脱したKAT-TUNの元メンバー赤西仁のほか、夜遊び好きの現役ジャニーズタレントともつい最近まで親交があったようで、「田中容疑者が経営していたバーには複数の現役ジャニタレが出入りしていた。当然、警察当局も供述やスマホなどのデータなどから田中容疑者の交友関係を洗うはず」(週刊誌記者)とされており、今後の捜査が注目される。

 さて、以前から、“元家族”には薄情なことこの上ないジャニーズ一家だが、水面下では内部分裂が加速しているようだ。別の大手芸能プロダクション幹部は声を潜めてこう明かす。

「『SMAP』の解散騒動以来、すっかり世間を敵に回してしまったジャニーズだけど、心労がたたったのか、最近になって大黒柱のジャニーさんの体調が芳しくない。一時は死亡説まで流れ、御大自ら否定した【1】ことも話題になった。こうした中、密かにスタッフや所属タレントたちが離脱のタイミングを計っているという話も聞こえてきます」

喜多川社長死亡説のネタ元と役員退社で揺れるジャニーズの画像2『喜多川社長』
言わずと知れた、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長。本名・喜多川擴。80歳を超える高齢ながら、いまだにコンサートや舞台の演出を手がけるなど、意欲的に活動している、とされるが……。

 ジャニー喜多川氏といえば、「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネスに認定されている御仁だけあり、80歳を超えてからもなおKinKi Kidsの堂本光一や滝沢秀明の舞台演出を手がけ、現場でもその姿が頻繁に確認されていた。前出のプロダクション幹部は語る。

「6月初旬、ジャニーズJr.が応援サポーターを務めるイベントに出席した際、死亡説を完全否定しましたが、そもそもこの情報は滝沢本人の談話から流れたという話です。現在の舞台は、総合演出・ジャニー喜多川のクレジットがあるものの、堂本や滝沢を中心に演出されているのは周知の事実。そんな中、今年5月に行われた『滝沢歌舞伎』に関して、滝沢本人が『ジャニーさん、完全に演出を外れました』とごく一部の親しい関係者に漏らし、その噂が一気に回って、死亡説に繋がったとか」

 昨年末のSMAP解散、トップの体調不安説、さらには度重なる現役、あるいはかつての所属タレントによるゴシップなど、盤石かと思われていた体制が崩壊しつつある。前出の記者が続ける。

「ジャニーズ内部も相当揺れているようで、昨年2月、役員のひとりが退社したそうです。表に出る業務ではなく、裏方担当の人だったそうですが、ジャニーズ設立期から事務所を支えてきた功労者で、メリー副社長の秘書的な役割を果たしてきました。ただ、なにか事務所とモメたわけではなく円満退社ということで、かなりの額の退職金が支払われたようです」

 一部では事務所内のことは公言しないという口止め料込みで2億円とされているが、「当時から質素な生活を送っており、金の匂いとは無縁な人だった」(ジャニーズ関係者)という。 

 数々の不安要素が噴出するジャニーズだが、さらにそれと呼応するかのような不自然な動きはSMAP周辺にも見受けられるという。

 今年9月の契約更新を3カ月前に控えた6月、所属事務所と元メンバーたちの話し合いで、木村拓哉を除くメンバー4人の離脱も取り沙汰されていたが、ここに来てかねてから独立を望んでいた中居正広が残留を希望していることが複数のメディアで報じられている。

「中居さんの心変わりの理由のひとつに、ジャニー社長の体調不安があるのは間違いない。ジャニー社長にもしものことがあれば、ジャニーズ事務所は自然と崩壊していくでしょう。メリー副社長も高齢だし、あのキツイ性格ではみんなついていけない。同じく副社長を務めるジュリーさん体制になれば、独立を企てるメンバーやスタッフもいるだろう。お世辞にも所属タレントの番頭格のマッチが若いメンバーたちから慕われているとも思えないしね。中居さんからしてみれば、今無理に独立するよりも、来るべきタイミングを待つ方が良いという判断でしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 さらに、ジャニー社長の体調不安説は、芸能界全体のパワーバランスにも地殻変動を起こしているようだ。

「昨年末あたりから名古屋を拠点とする男性グループ『BOYS AND MEN』が勢いを増していたり、菅田将暉ら非ジャニーズのイケメン俳優が大挙出演した映画『帝一の國』がヒットしたり、明らかにジャニーズ事務所の業界内での影響力は落ちています。一昔前なら『ボイメン』や『帝一の國』はとっくに潰されているでしょう。『帝一の國』に関しては、木村拓哉が俳優生命をかけて臨んだ映画『無限の住人』と公開時期が丸かぶりで、実際に興行収入では差がついてしまった。若手イケメン俳優を多数抱えるスターダストに至っては、上層部が『来るべき日に備えて男性ユニットに力を入れる』と豪語しているほどですからね」(同)

 2代目への世襲により存続を図ってきた多くの大手芸能プロだが、ジャニーズという業界の雄はどのような動きを見せるのだろうか? 芸能マスコミのみならず、芸能界全体の注目を集めている。

(編集部)

【1】ジャニー喜多川、死亡説を自ら否定
ジャニー喜多川社長の死亡説が業界をめぐり、その騒動が5月22日付の夕刊紙に掲載されたが、6月6日、所属タレントが出演するイベントに自ら訪れ、記者らに対し、これを否定。年齢的に不調な時期もあるそうだが、「生きていますよ」「殺さないでください」などと、健在をアピールした。

サイゾープレミアが100円で読める!!

Recommended by logly
サイゾープレミアが100円で読める!!!!!!

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載