>   >   > 【ニュース】手越祐也『イッテQ』降板の後釜にキムタクが名乗り!?
手越祐也『イッテQ』降板の後釜にキムタクが名乗り!?

 NEWS・手越祐也が大ピンチ! レギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の降板が秒読み状態になっているという。

 手越といえば、福岡市内で昨年7月に起きた7億5000万円相当の金塊強奪事件で逮捕された容疑者と交遊があった疑惑が浮上しているほか、6月6日発売の『FLASH』には「20代セフレが告白」という見出しとともに、「彼は舐められるのが好き」と夜の性生活が暴露されている。

「『イッテQ』は言わずと知れた日本テレビの看板番組。昨年2月には『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不倫スキャンダルを起こしたベッキーが降板に追い込まれましたが、ジャニーズタレントとはいえ、手越がおとがめなしでは、ベッキーとの整合性が取れないというわけです」(テレビ関係者)

 10月の改編期に“卒業”名目での降板が濃厚と言われている手越だが、なんとその後釜を“あの男”が虎視眈々と狙っているという。

「今や人気急落中の木村拓哉ですよ。一連のSMAPの解散騒動で“裏切り者”のレッテルを貼られたことでファン離れが加速。主演映画『無限の住人』はPRのために連日メディアジャックしたにもかかわらず壮絶な大コケ。今後は主演を張るのが難しい状況まで追い込まれています。そのキムタクがジャニー喜多川社長に『イッテQ』出演を直訴。起死回生の“一手”としたいのだとか」(芸能記者)

 キムタクが自身の人気回復策として『イッテQ』に目をつけたのには理由があるという。

「女優の木村佳乃が『イッテQ』に出演して以降、人気がうなぎのぼりになったのを見て、“自分も!”となったようです。彼女は3月に2年ぶりの登場を果たし、太眉がトレードマークのイモトアヤコと同様の太眉を描いたり、85メートルものスライダーに乗って泥沼に飛び込み、顔や髪に水草が張り付いた姿をさらし、女優らしからぬ体当たりロケをやりとげて好感度を爆上げしました。それまでは“クール”なイメージだったのが、今やリアクション芸人かのような貫禄。5月14日に出演した回は視聴率21.2%を記録しています」(前出・芸能記者)

 起死回生を狙うキムタクにとって、事務所の後輩・手越の降板は逆に好都合かもしれない!?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』