>   >   > 【ニュース】手越祐也『イッテQ』降板の後釜にキムタクが名乗り!?
手越祐也『イッテQ』降板の後釜にキムタクが名乗り!?

 NEWS・手越祐也が大ピンチ! レギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の降板が秒読み状態になっているという。

 手越といえば、福岡市内で昨年7月に起きた7億5000万円相当の金塊強奪事件で逮捕された容疑者と交遊があった疑惑が浮上しているほか、6月6日発売の『FLASH』には「20代セフレが告白」という見出しとともに、「彼は舐められるのが好き」と夜の性生活が暴露されている。

「『イッテQ』は言わずと知れた日本テレビの看板番組。昨年2月には『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不倫スキャンダルを起こしたベッキーが降板に追い込まれましたが、ジャニーズタレントとはいえ、手越がおとがめなしでは、ベッキーとの整合性が取れないというわけです」(テレビ関係者)

 10月の改編期に“卒業”名目での降板が濃厚と言われている手越だが、なんとその後釜を“あの男”が虎視眈々と狙っているという。

「今や人気急落中の木村拓哉ですよ。一連のSMAPの解散騒動で“裏切り者”のレッテルを貼られたことでファン離れが加速。主演映画『無限の住人』はPRのために連日メディアジャックしたにもかかわらず壮絶な大コケ。今後は主演を張るのが難しい状況まで追い込まれています。そのキムタクがジャニー喜多川社長に『イッテQ』出演を直訴。起死回生の“一手”としたいのだとか」(芸能記者)

 キムタクが自身の人気回復策として『イッテQ』に目をつけたのには理由があるという。

「女優の木村佳乃が『イッテQ』に出演して以降、人気がうなぎのぼりになったのを見て、“自分も!”となったようです。彼女は3月に2年ぶりの登場を果たし、太眉がトレードマークのイモトアヤコと同様の太眉を描いたり、85メートルものスライダーに乗って泥沼に飛び込み、顔や髪に水草が張り付いた姿をさらし、女優らしからぬ体当たりロケをやりとげて好感度を爆上げしました。それまでは“クール”なイメージだったのが、今やリアクション芸人かのような貫禄。5月14日に出演した回は視聴率21.2%を記録しています」(前出・芸能記者)

 起死回生を狙うキムタクにとって、事務所の後輩・手越の降板は逆に好都合かもしれない!?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』