サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【23】/幽霊、正義と新宗教と秩序で三題噺。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【23】

新宗教ウォッチャーとしてはバリバリ現役の幽霊、正義と新宗教と秩序で三題噺。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

新宗教ウォッチャーとしてはバリバリの現役の幽霊、正義と新宗教と秩序で三題噺。の画像1
千眼美子の陰に隠れているが、生粋の新宗教信者……サイコパスがサイコパスを無自覚に語るという悪夢。

 龍の歯医者がエル・カンターレ(CV:子安武人)の歯医者になってしまったのによく放送できたなNHK……と思う今日この頃だが、〈元〉批評家の筆者も新宗教ウォッチャーとしてはバリバリ君、もといバリバリの現役である。家族が新宗教の現役信者なので、起きればすぐにウキウキWATCHINGだ。むしろ勘弁してくれい(ライス風)。

 そんな毎日がスペイン宗教裁判な我が家に編集部から千眼美子のアレが届いたのだが、ワイドショーで言われるほどおかしな作りでもない。自己啓発本の編集フォーマットに語り下ろしを流し込む霊言シリーズの典型的な作りで、内容的にもアイドル声優のファンブックと大差ない。その意味では『龍の歯医者』のブラックな関連商品と言えなくもない。巨大ロボットアニメとマニアのカルト的な依存関係を利用した『新世紀エヴァンゲリオン』や『天元突破グレンラガン』がヒットし、ASKAが『On Your Mark』で受信した電波フレーズから『忘却の旋律』を作ったりもしていたので、スタッフたちはこの手のもらい事故にも慣れているのだろうが、ご愁傷様である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』