>   >   > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【23】/幽霊、正義と新宗教と秩序で三題噺。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【23】

新宗教ウォッチャーとしてはバリバリ現役の幽霊、正義と新宗教と秩序で三題噺。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

新宗教ウォッチャーとしてはバリバリの現役の幽霊、正義と新宗教と秩序で三題噺。の画像1
千眼美子の陰に隠れているが、生粋の新宗教信者……サイコパスがサイコパスを無自覚に語るという悪夢。

 龍の歯医者がエル・カンターレ(CV:子安武人)の歯医者になってしまったのによく放送できたなNHK……と思う今日この頃だが、〈元〉批評家の筆者も新宗教ウォッチャーとしてはバリバリ君、もといバリバリの現役である。家族が新宗教の現役信者なので、起きればすぐにウキウキWATCHINGだ。むしろ勘弁してくれい(ライス風)。

 そんな毎日がスペイン宗教裁判な我が家に編集部から千眼美子のアレが届いたのだが、ワイドショーで言われるほどおかしな作りでもない。自己啓発本の編集フォーマットに語り下ろしを流し込む霊言シリーズの典型的な作りで、内容的にもアイドル声優のファンブックと大差ない。その意味では『龍の歯医者』のブラックな関連商品と言えなくもない。巨大ロボットアニメとマニアのカルト的な依存関係を利用した『新世紀エヴァンゲリオン』や『天元突破グレンラガン』がヒットし、ASKAが『On Your Mark』で受信した電波フレーズから『忘却の旋律』を作ったりもしていたので、スタッフたちはこの手のもらい事故にも慣れているのだろうが、ご愁傷様である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』