>   >   > 【ガンズ&ローゼズ】スラッシュの弟が緊急来日
ニュース
ガンズ&ローゼズのスラッシュの弟アッシュ、緊急来日!

兄はガンズ&ローゼズのスラッシュ! クズ野郎にダマされても、日本を愛す、破天荒な人生を送るクリエイター

+お気に入りに追加

――グラフィティ・アーティスト/デザイナー/写真家と、多才な顔を持つアッシュ・ハドソン。何不自由なく生まれ育ったセレブに聞いた、栄光への道のりと落とし穴。

1609_ash01.jpg
(写真/天田“しろくま”輔)

 ガンズ&ローゼズのギタリストであるスラッシュを兄に持ち、母親はデヴィッド・ボウイやジョニ・ミッチェル、カーリー・サイモンなど超一流アーティストのステージ衣装デザイナーを務めるという、ある種恵まれた環境で生まれ育ったアッシュ・ハドソン。日本でも知る人ぞ知るアパレル・ブランド「コナート」の創設者/デザイナーであり、現在は写真家としても活躍している彼を本誌がキャッチ。好環境の下、順風満帆な人生を送っているかと思いきや、自身のブランドの権利を剥奪され、一時はどん底に突き落とされたと語ったアッシュ。そんな紆余曲折の人生を歩んできた彼に、今年発表されたガンズ再結成の話をはじめ、生い立ちからビジネスにまつわる話を聞いた。

──生い立ちから教えてください。

「小さい頃に両親が別れて、俺は、デザイナーとして働いていた母親と祖母に育てられたんだ。兄貴はロックバンド、ガンズ&ローゼスのスラッシュ。彼が16歳くらいだったかな、当時から親友だったスティーブン・アドラー(ガンズのドラマー)が『小遣い稼ぎにロックバンドをやらねえか?』って誘ったことがきっかけで、ガンズの母体が出来上がったのを、そばで見ていたよ。ちなみに兄貴が一番最初に使っていたギターは、祖母が買ってくれたアコギさ」

──母親がアフリカン・アメリカン、父親は白人でしたが、どちらのカルチャーに囲まれて育ったんですか?

「母親が白人とも仕事をしていたから、最初はパンクやヘヴィメタにハマっていて、80年代中盤にヒップホップが誕生してからは、そのカルチャーにのめり込んでいった感じかな。そもそも母自身、典型的なブラックウーマンじゃなく、ソフィスティケイトされた女性だったしね。母親の仕事は順調だったから、ゲットーな環境ではなかったよ」

──スラッシュがギターに熱中していた頃、あなたは何に夢中だった?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」