>   >   > リアル書店を出す【アマゾン】の狙いとは?
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第97回

リアル書店を出すアマゾンの狙いは新決済システムの導入実験にあり?

+お気に入りに追加

進化の歩みを止めないIT業界。日々新しい情報が世間を賑わしてはいても、そのニュースの裏にある真の状況まで見通すのは、なかなか難しいものである――。業界を知り尽くしたジャーナリストの目から、最先端IT事情を深読み・裏読み!

1608sasakis.jpg
『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』(日経BP社)

――オンラインストアの覇者として世界に君臨するアマゾンが、昨年から実店舗を運営している。実店舗で持てる在庫はオンラインストアをはるかに下回るというのに、いったい何が目的なのか、ユーザーやジャーナリストたちによってさまざまな推測がなされてきた。それがここにきて、思わぬ角度から“正解”らしきものが見出された――。

 昨年秋、アマゾンが本拠地・米シアトルに実店舗「アマゾンブックス」をオープンさせた。

 このリアル店舗が何を意味しているのかは、まだあまりよくわかっていない。店舗の持つ在庫数は数千冊ということで、規模はさほど大きくない。「ウィッシュリストでいま人気の本」「アマゾンで星が○個以上」というようなポップが表示されているところは、アマゾンらしいといえるが。しかしアマゾンはリアル店舗を今後、数百店にまで増やしていく計画を立てているという情報もある。リアル書店の数々を駆逐して市場シェアを広げ、ネットで本を買う行為を定着させてきたオンライン書店のアマゾンが、リアル書店に逆進してきているのはなんだか不思議だ。

 米テック系メディアのリコード(Re/code)は昨年3月に、「アマゾンが新しい小売店について持っているビジョンを、我々は発見したかも」という記事を掲載している。アマゾンが特許を取得している決済システムについて調べた内容で、これが実は非常に興味深い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』