>   >   > 中国に負けてる!? 日本の【ものづくり】
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第31回

【クロサカタツヤ×片岡宰治】技術も設備も中国に負けてる!? 中小部品メーカー経営者が赤裸々に語る日本の「ものづくり」の真実

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

table_kurosaka_520.jpg
2013年/GDPに占める製造業比率の比較 出典:国際連合「National Accounts Main Aggregates Database」

かつて「メイド・イン・ジャパン」の家電製品が世界を席巻したが、今では多くの電機メーカーが赤字に転落し、その地位を韓国や中国に取って代わられようとしている。一方で、日本における「ものづくり」に対する期待は根強いものがあり、それは神話とも呼べるほどだ。そうした日本の製造業の現実と、ものづくりの現場はどうなっているのか。そして再びマスとなれるのか。日本の製造業を支えてきた、中小の部品メーカーの視点から見てみたい。

クロサカ 今回のゲストの片岡さんは、大阪のプリント基板メーカーであるサトーセンの社長で、日本の製造業を支えてきた中小企業の部品メーカーの一角を担っておられます。

片岡 うちは電気製品や電子機器に使われているプリント基板を製造していて、例えば、身近なところではスマートフォンのカメラのフラッシュモジュールなんかにも使われています。

クロサカ スマホの大半が中国で製造されていますが、部品の多くが日本製です。そのため、東日本大震災で部品メーカーが被災した際は、世界中の製造業に影響が及びました。サトーセンもそうした部品メーカーのひとつなんですね。

片岡 そうです。ほかにも、いろんな企業の試作品を手がけたり、大企業が自社内で使うための「一品もの」の製造も請け負ったりしています。とあるアメリカの大手IT企業が、世界中のプリント基板メーカー約30社に試作を依頼したことがありまして、なんのために使うのかわからないほど高難度な基板だったんですが、完成品を納入できたのはうちを入れて4社だけだったとお客様が教えてくれました。

クロサカ やはり日本の技術力は高いんですね。

片岡 いや、確かに優秀ですが、技術力だけならアメリカのほうが強いと思いますよ。

クロサカ え、それはちょっと意外です。

片岡 さっきの試作品で一番優秀な結果を出したのもアメリカの会社でした。アメリカの製造業は空洞化した、なんて言う人もいますが、そんなことはありません。軍事産業や航空宇宙関連で高度な技術を持った企業があるんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』