>   >   > 【財政難】でマンション建設に踏み出す神社
第1特集
「古都京都の文化財」付近の最新不動産事情

「古都京都の文化財」付近の最新不動産事情――景観重視か修繕費捻出か?神社が抱えるジレンマ

+お気に入りに追加

――世界遺産「古都京都の文化財」の付近に住むのは難しくなく、一人暮らしで4万円台の物件もあるという。さらに最近は世界遺産の敷地内にマンションが建設されたりもしているらしい。世界遺産にマンション? 表と裏を使い分ける京都。そんな風情ある京都の世界遺産の近くでの暮らしに憧れる人のための、最新不動産情報を徹底解剖。

1608_fudosan.jpg
多くの物件資料は「世界遺産のマンション」として、古の寺社仏閣が日常的な風景となることを売りにしている。

 風情ある町並み、歴史ある重要文化財、四季折々の祭事――古の都での暮らしに憧れる人は少なくないだろう。京都の魅力に心惹かれ、地方から進学してきた学生がそのまま就職で残るパターンも非常に多く、観光地としてだけではなく、移住先としても人気の高い文化都市だ。

 繁華街を少し離れれば、趣深く風情漂う街並みが広がり、不動産価格も東京に比べれば手頃で住みやすい。最近は京町家という洛中(平安京内)にある職住一体型の住居が幅広い層から支持を受けている。また、京都には「古都京都の文化財」として、17カ所の寺院、神社、城が1994年に文化遺産に登録されているが、そのような世界遺産付近の物件は人気で、需要の高まりに後押しされて、高さ規制など行政のガイドラインに則したマンションの開発も活発に進められてきた。

「特に京都御所に近い不動産はステータスもあって人気があります。御所南小学校はこの10年あまりで全校生徒の数が倍増し、分校を作ろうかという話も出ているぐらいです。また、御所西や鴨川に沿った御所東もプラウドなど高級マンションが林立していますね」(不動産コンサルタント・高下弘之氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」