>   >   > 街宣車まで出動したJYJ とエイベックス...
ニュース
K-POPをめぐる深すぎる闇

街宣車まで出動したJYJ とエイベックスの仁義なき戦い

+お気に入りに追加

――韓流3人組ユニット「JYJ」のチャリティーコンサートをめぐり、JYJ側とエイベックスが法廷闘争に突入している。さらにこのトラブルには右翼団体までが登場しており、それぞれの思惑が入り乱れた泥仕合になっているという。

1107_kokugikan.jpg
両国国技館のスケジュールでは、JYJのライブが行われた6月7日は空白だったが、結局開催にこぎつけた。

「ゴールデンウィーク前には、エイベックス役員である千葉龍平の自宅周辺に街宣車が現れて抗議活動を繰り広げました」(社会部記者)

 この騒動、そもそもはK-POPアイドルの東方神起分裂騒動に端を発するが、まずは経緯を振り返ってみよう。

 東方神起は韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメントに所属しており、日本ではマネジメント権をエイベックスに委託していた。ところが09年、メンバーのジュンス、ユチョン、ジェジュンの3人がSMエンタテインメントに対し専属契約の効力無効の訴訟を起こしてグループは分裂。エイベックスは3人が結成した新グループJYJとも新たに契約を結んだが、彼らの新事務所「C-JeS」のオーナーに、 韓国マフィアとの交際や、前科もあったことが発覚。エイベックスはコンプライアンス上の問題から、10年9月にJYJのマネジメント休止を発表した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載