サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > あまりの寒さに精子も凍る!? あの男が北...
ニュース
ついにAVはここまで進化した

あまりの寒さに精子も凍る!? あの男が北極圏でAV撮影!!

+お気に入りに追加

――本誌連載「入門!!ちょいワルAV塾」でもお馴染み、ちょいワルAVメーカーDANDYの社員監督である長瀬ハワイ氏が、この3月、なんと北極でAV撮影を敢行してきたという。これまでも、女優をアメリカに連れていき、巨チンの黒人男優と相対させる『メガチ○ポ』シリーズ(2008年~)や、常識知らずのガングロギャルに、アフリカはナミビアで異文化SEXをさせた『裸の大陸 ダンディVer.』(09年)などの作品で、世界を股にかけて活躍してきた彼。しかし、北極とはまた、ハードさがこれまでとは格段に違うように思われる。いったい彼は、なぜで北極へ向かったのか? 帰国直後の長瀬監督にインタビューを敢行した。

1105_nagase.jpg
長瀬ハワイ監督。

──そもそも、なぜ北極圏でAVを撮影しようと思ったのですか?

長瀬ハワイ(以下、) イギリスの避妊具メーカー・デュレックスが06年に行った、世界26カ国を対象にした性生活満足調査があるんですが、日本が最下位なんです。一年間の平均SEX回数も45回で、圧倒的に少ない。アダルト業界で生きているからには、これはなんとかせねばいかんと。その一方で、北極のイヌイットの人たちには子どもがたくさんいて、10人兄弟とかもザラだということを知ったんです。で、「彼らは日本人と同じモンゴロイドなのに、どこがそんなに違うんだろう?」っていう部分を調査したいなと思ったのがきっかけですね。アフリカで撮った『裸の大陸』と同様、"極地シリーズ"の一貫として、彼らのSEXする姿を残せたらいいなと。日本人AV女優とSEXしてもらえば、ギャップも際立つでしょうし。

──しかし、準備には相当時間がかかったみたいですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』