サイゾーpremium  > 特集  > 天下の日経もヤンキーに注目! ヤンキーを...
第1特集
「ヤンキー論」に必ずつきまとう、ナンシーの影を追っ払え!

天下の日経もヤンキーに注目! ヤンキーを制する者は日本を制すのか!?【1】

+お気に入りに追加

──映画やドラマの中で、今ヤンキーがもてはやされ、それとともにヤンキー文化を扱った書籍も目につくようになった。ゼロ年代も終わりを迎える日本でなぜヤンキーがブームに?? そんな疑問に、社会の"再ヤンキー化"をいち早く嗅ぎつけた速水健朗が真っ向から挑んだ(いや、ちょっと斜めか……)。

0907_yanki_eiga.jpg
『クローズZEROⅡ』(上)と『ROOKIES』(下)。

『ヤンキー文化論序説』【1】『ヤンキー進化論』【2】とヤンキー研究本が今年の3月、4月に立て続けに刊行された。前者は、建築評論の五十嵐太郎を中心に、宮台真司、斎藤環、磯部涼、阿部真大といった新旧論者(実は筆者も片隅で参加している)がヤンキー文化について論じたもの。後者は『族の系譜学』【3】の著者でもある社会学者・難波功士が「ヤンキー的なもの」がどこから生まれ、どう消費されているのかを、ヤンキーの歴史を踏まえて書いたもの。

 この2冊以外にも、コンビニ向け配本の『これがニッポンの不良30年史だ!ヤンキー大集合』【4】や、少し文脈は変わるがギャングコミュニティに潜入した社会学者の『ヤバい社会学』【5】など、広義のヤンキー研究本も含めると、ちょっとしたヤンキー研究本ブームの状況なのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年12月号

純度100%の片寄涼太グラビア

純度100%の片寄涼太グラビア

NEWS SOURCE