サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 鍋の脇役を主役に見立てる【裏マロニー鍋】を作る!
第1特集
サイゾーPremium 特別企画「今こそ“鍋”を考える」

鍋の脇役を主役に見立てる“裏マロニー鍋”を作る! DJみそしるとMCごはんインダハウス

+お気に入りに追加
202012_SN1_5622_520.jpg
(写真/西田周平)

 クセになる食感でヘルシー、かつお手頃価格ということも相まって、今や鍋料理の素晴らしきバイプレイヤーとして君臨する「マロニー」。でも、そんなマロニーにあえて“主役”に躍り出てもらおうと画策したのが今回の裏マロニー鍋企画。編集部が白羽の矢を立てたのは、くいしんぼうヒップホッパーことDJみそしるとMCごはん(以下、おみそはん)。音楽と料理の斬新な楽しみ方を提案することをモットーとする彼女に、マロニーをメインとした鍋料理をクックインダハウスしてもらいました。

 今回用意してくれたのは、合計3種類の裏マロニー鍋。日頃から「マロニーちゃん」と呼ぶほどマロニーを愛するおみそはんさんには、レシピのポイントを聞く過程で、「抜き打ちマロニークイズ」にも挑戦してもらい、マロニー雑学も身に付けていただきました。

202012_SN1_5511_520.jpg
202012_SN1_5524_520.jpg
202012_SN1_5578_520.jpg

――まず、見た目から辛さが伝わってきそうな【レッドホットチリマロニー鍋~フォンデュ爆弾入り~】のポイントを教えてください。

おみそはん 真っ赤な辛いスープを、全力でマロニーちゃんに吸ってもらった鍋なんですが、タバスコとにんにくを入れることでスタミナ倍増! 年末の疲れも吹き飛びます。

202012_SN1_5623_520.jpg

――トマトスープを吸ったマロニーが、滑らかな舌触りのナポリタンのようになっていて、本気でマロニーが主役を買って出ている画期的な鍋ですね。そんな主役を買って出られるほど人気商品となったマロニーですが、この商品の創業者であり創作者は、次のうち誰でしょう。
【1】「吉村綱吉」
【2】「吉村義宗」
【3】「吉村麻呂吉」

おみそはん さすがに「麻呂吉」は引っかけ問題のような気がするので……マロニーちゃんが綱のように細長い糸状の商品ということもあり、【1】「吉村綱吉」さんで!

――残念、正解は【2】「吉村義宗」さんでした。しかし、このフォンデュ爆弾(油揚げの袋の中にピザチーズを詰めたもの)を、マロニーはもちろん、鶏もも肉やキャベツ、ブロッコリーと合わせて食べると、おいしさがハンパないです。

202012_SN1_5583_520.jpg

おみそはん 見た目は「トマトの洋風煮込み」にも見えるんですが、油揚げとマロニーを入れることで“鍋感”が増します。ちなみに白菜を入れると、水分が出すぎてしまうのでキャベツがおすすめです。

――そんな鍋感を演出するマロニーの名前の由来は、次のうちどれでしょう。
【1】「マロンのような口どけで、マロニー」
【2】「まろやかに煮えるから、マロニー」
【3】「吉村義宗さんの奥さんである麻呂田 煮子で、マロニー」

おみそはん これは当てにいきますよ。【2】「まろやかに煮えるから、マロニー」!

202012_SN1_5588_520.jpg

――正解です。なお、創業者の吉村義宗さんが終戦後、シベリアの工場で働いていた際に、ひとりのロシア娘と出会い、その子の愛称が「マロン」だったらしいんですね。「まろやかに煮えるから、マロニー」という由来には、そのマロンちゃんのイメージも重ね合わせられている――というのが、命名のあらましらしいんですが、真実は義宗さんの胸の中、とのことです。

おみそはん ということは、さっきの【1】「マロンのような口どけで、マロニー」も、あながち不正解ではない、かもしれないんですね。

――では、次の抜き打ちマロニークイズは三択ではなく、ズバリ正解を当ててください。創業者の吉村義宗さんが独立し、「吉村商店」としてスタートしたマロニーですが、昭和53年に社名を「マロニー株式会社」に変更し、平成7年からはテレビやラジオでCMを大量にオンエアするプロモーションを図ります。そのCMで「マロニーちゃん♪」とアドリブで歌い、マロニーを一躍全国区に押し上げたイメージキャラクターを務めた芸能人と言えば?

おみそはん 中村玉緒さん!

――正解です。

おみそはん 当時はあのフレーズを耳にしたことで「食べてみよう!」と思った人も多いんでしょうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』