サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > コロナで文化・エンタメ界が負った大きすぎるダメージ
2003_korona_en_520.png
横浜アリーナでの無観客ライブを生配信したBAD HOP。

 世界各地で感染が拡大し続けている新型コロナウイルス(以下、コロナ)。日本でもその影響は多方面に及んでおり、2月25日に政府が文化イベントの自粛などを要請するコロナ対策の基本方針を発表して以降、文化やエンターテインメントの領域も大きなダメージを被っている。

 音楽業界の場合、大阪市内のライブハウスで発生した集団感染が2月末以降に大きく報じられたこともあり、コンサートやライブはいわゆる“濃厚接触”による感染リスクが高いとされ、EXILEやPerfumeをはじめ数多くの公演が自発的な中止・延期を余儀なくされている状況だ。政府発表の数日後には、椎名林檎率いるロック・バンドの東京事変が約5000人を収容する東京国際フォーラムでのライブを強行し、物議を醸したものの、その後の公演はやはり見送っている。また、人気の若手ラップ・グループ、BAD HOPは3月1日に約1万7000人収容の横浜アリーナで予定していたライブを無観客で実施し、その模様をYouTubeで生配信したが、自身ですべての活動を運営する彼らは1億円以上のライブ製作費を負債として抱えることになったと明かした。大手レコード会社社員のA氏は、こう語る。

「公演の中止は、アーティスト、所属事務所、興行主(プロモーター)などにとっては大問題です。中止を決断するタイミングにもよりますが、会場費はほぼ全額支払わざるを得ないでしょうし、当日使うはずだった機材やセットの料金、スタッフの人件費、グッズの制作費などに加え、すでに発売しているチケットの払い戻しやその手数料といった予定外の経費もかかる。当然、営業に支障をきたす会場のライブハウスやホールもあり、ぴあのようなチケット販売会社への打撃も大きく、ライブ制作会社(イベンター)も仕事を失っているので、業界全体の損失は甚大です。私自身も担当アーティストの公演が中止になったりしていますが、コンサートやライブに直接的にかかわる事業者よりはレコード会社へのダメージは比較的小さいほうでしょう」

 ただ、別のレコード会社社員B氏は次のように話す。

「音楽パッケージ市場が縮小し始めていた2000年代のある時期から、エイベックス をはじめいくつかの大手レコード会社は“360度契約”を推進してきました。要するに、レコード会社とアーティストが従来的な作品のリリースだけでなく、マネジメント、ライブ制作、ファンクラブ運営、グッズ販売、スポンサー契約などあらゆる活動について包括的な契約を結ぶケースが増えたのです。しかし、今回はそれが仇となり、公演中止・延期による直接的な被害を受けているレコード会社もあるようです」

 加えて、今回の公演中止・延期が「感染拡大のリスクを避けるため」という事由であることも関係者には悩みの種となっている。

「通常、興行主は“コンサート保険”と呼ばれるものに加入することが多く、天災や事故などで公演が中止・延期となった場合にはそれが適用され、補償を受けられます。しかし、今回のような感染症による中止は保険適用の対象外となり、何も補償されないケースもあると聞きます。そのため、興行主にとっては是が非でも開催したいというのが本音でしょうが、政府の自粛要請や世間の厳しい目も鑑みて、泣く泣くキャンセルしているのが実情です」(前出・A氏)

 こうした惨状は業界の内外で重く見られているようで、3月17日には「新型コロナウイルスからライブ・エンタテイメントを守る超党派議員の会」が開催された。党派を超えた国会議員のほか、ライブ・エンタメにかかわる業界20団体が参加し、この中で日本音楽制作者連盟の野村達矢理事長は、音楽コンサートのみならず舞台公演なども含んだ数字ではあるが、「2月26日から3月末に自主判断による中止・延期が1550公演あり、その損害額は推計450億円に及ぶ」と発表。さらに3月24日、ぴあの矢内廣社長は政府のヒアリングに出席し、スポーツの試合やコンサートなどこれまでに中止・延期となった興行は約8万1000件であり、すでに1750億円の経済損失が生じていると報告した。

 そして今後、コロナの感染拡大が収束しなければ、音楽業界はさらに悲惨な状況に陥る可能性もある。

「夏に向けてはフジロックフェスティバルなど複数の大型音楽フェスが予定されていますが、それらが中止に追い込まれた場合、この業界はどうなってしまうのか……」(同)。

映画の公開中止だけでなく延期も大問題

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』