サイゾーpremium  > 特集2  > むせかえる色香で観客全員を一発ノックアウト!

――日本チャンピオンや、誰もが知っている人気選手もいない――。そんな中、選手たちの熱戦と、スタイル抜群の美女たちをズラリと揃えるという、類を見ない試みで観客の大きな声援を集めるボクシング興行があった。

1902_P122-123_img001_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/尾藤能暢)

 メイウェザーVS那須川天心戦ほか、年末、テレビでは多くのボクシングの試合が放送された。かつて、具志堅用高の世界戦が常に30~40%の視聴率を獲得していた時代と比べることはできないが、日本におけるボクシング人気はいまだ根強い。

 昨年12月12日の後楽園ホールで開催された、元世界王者の戸高秀樹氏が会長を務める戸高秀樹ボクシングジム主催の「第32弾ザ・グレイテストボクシング」も、メインイベントがS・ウェルター級の8回戦という一見地味なマッチメイクながら、会場はほぼ満席。響き渡る観客たちの声援はタイトルマッチと遜色なく、選手の知名度と試合の熱量は無関係だということを実感させられる。

 さらに、この日は会場をアツくする理由がほかにもあった。それがラウンド間に次から次へと、揃いのコスチュームを身に着け、胸を揺らし、腰を振りながら登場した美女たちだ。一般的に起用されるラウンドガール数は3~4人程度だが、この日はなんと11人。タイプもさまざまで、好みの美女がリングを横断するたびに歓声が飛び交い、「あの子に殴られたい!」と楽しそうに叫ぶ男性もいた。

 興行主である戸高氏は「スポンサーの協力のもと、少しでも観客に喜んでもらえる仕掛けを作りたかった」と話す。このリングからさらに上のステージを目指す美女たちも、短時間で自分の魅力を最大限アピールしようと必死。11人もいると、なおさらだ。

 戸高氏によると次回以降も、マッチメイク同様、ラウンドガールに力を入れていくという。こちらの熱戦も見逃せない。

[写真右から]
丹羽明日香〈@niwaniwa28chan
絹川麗〈@rei_kinukawa
滝沢愛里紗〈ameblo.jp/gogo-asachan0408
イヴ〈@___________eve
沖舘唯〈@okidate1209
月城まゆ〈@mayumelodytkt
足立華〈@hana__banachi
坂崎愛〈@aiSakazaki
玉樹るい〈@kotora_mokacora
牧野もも子〈@KSH_07_dero
岩波彩華〈@saaya_syk
※〈 〉内はツイッターアカウントまたはアメブロURL

(文/編集部)
(写真/尾藤能暢)

戸高秀樹ボクシングジム主催「ザ・グレイテストボクシング」の大会情報は、同ジムHP(http://boxing-gym.jp)にて。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』