サイゾーpremium  > 連載  > 『李策の「NKIT通信局」』/北朝鮮の諜報力
連載
李策のNKIT通信【1】

日本の警察を諦めさせるITを駆使した諜報力

+お気に入りに追加

――昨今、その資源の豊富さに注目が集まる北朝鮮。そのビジネスへの関心から、IT環境にも目がいくようなった。“生死”をかけて技術を磨く祖国・北朝鮮のIT事情を在日韓国人ジャーナリストが追いかける。

nkit1507s.jpg
『INTERVIEW』

 今月から全5回に渡って、北朝鮮における情報技術(IT)事情をレポートしていくこととなった。あまり周知されていないかもしれないが、我々はすでに、その技術力を目の当たりにしているのだ。

 まず今回取り上げたいのは、日本の外事警察と北朝鮮が、ITを駆使した諜報戦で対決したら、どっちが勝つか、である。

 その答えは、すでに一度出ている。勝ったのは、北朝鮮だ。

 大阪府警は2012年3月、日本に帰化した元在日朝鮮人男性を逮捕。この男性が北京や香港、東南アジアに渡航しながら、日本の軍事関連情報などを北朝鮮当局者に渡していたと発表した。

 日本の警察にとっては久しぶりの、本格的な「スパイ摘発」である。府警は警察庁長官から表彰され、ホテルの宴会場で盛大な打ち上げパーティーを行った。

 ところが、事件の内実は、お寒いものにすぎなかった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ