サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【大槻教授】が解明できない超常現象写真
第1特集
超常現象写真なんて全部解明可能!……だったのに!?

プラズマ研究の第一人者・大槻義彦教授もお手上げ!“科学”で唯一解明できないあの超常現象写真とは?

+お気に入りに追加

――火の玉やUFO、心霊写真など、これまでさまざまな超常現象の“証拠”を科学の力で次々と葬り去ってきた大槻義彦教授。時には、テレビ番組で超常現象肯定派や霊能力者たちと激しいバトルを繰り広げては、そのエキサイトぶりを視聴者たちに届けてくれた人物である。そんな大槻教授に、写真の加工技術が急速に進化する昨今の“超常現象”写真の変容について、話を聞いた。あの、話題の超常現象写真の正体も明らかに!?

1505_otsuki_01.jpg
大槻義彦氏。

──今年に入り、メキシコ・コリマ山の山頂に出現した“雲形”UFO(1月)、ペルーで観測された紫色のUFO(2月)、そしてアメリカ・カリフォルニアに現れたUFOの大群(3月)と、世界中でUFO写真が多数撮影され、話題となっています。これらの写真について、大槻教授はどうご覧になっていますか?

大槻義彦(以下、大槻) またメキシコですか。メキシコはね、チチェン・イッツァというマヤ文明の古代遺跡の中に「世界最古」といわれる天文台があって、UFOがもっとも観測されやすい場所だと信じられているんです。しかし実際は、こうした山頂付近の上昇気流によって起こる雲の変形は、富士山でもしょっちゅう観測されているもの。ただの自然現象なんですよ。気の持ちようとは、まさしくこのことです。

 また、ペルーの紫のUFOは、カメラのレンズの中で起きた光の屈折、もしくはゴミなどが写り込んだ可能性が高いですね。カリフォルニアのUFOの大群についても、同じような理由、または作為的に作られたものだと思われます。

──やはり、UFOの存在は完全否定なのですね……。教授のところには、こうした超常現象写真が、相変わらず多く寄せられているのですか?

大槻 UFOはまだまだありますが、火の玉の目撃情報については、昔に比べてかなり減りましたね。僕がプラズマで、その正体を解明してしまったということもあるでしょうが……今は街中明るいですから、不思議な光を見ても、気にする人が少なくなったのでしょう。

 そもそも、最近のカメラは、レンズが良くなっていますからね。昔のレンズは、今では当たり前の反射を防ぐコーティング加工がされていませんでしたから、レンズ内部反射や乱反射などが起こり、いろいろなものが写り込んでいたんです。心霊写真やUFOの写真のほとんどは、こういったものが原因。今でも古いレンズのカメラを用意してくれれば、火の玉なんていくらでも作れますよ(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』