サイゾーpremium  > 特集  > IT  > この【VICE系】ドキュメンタリー動画がヤバい!
第1特集
動画メディア「VICE」のカネと功罪【2】

イスラム国、カニバリズム、売春、ドラッグ……このVICE系ドキュメンタリー動画がヤバい!

+お気に入りに追加

――編著『踊ってはいけない国、日本』などで知られる磯部涼が、VICE MEDIAの過激でユニークなドキュメンタリー企画を厳選してレビュー!

1504_vice_19.jpg

■イスラム国の生々しい映像
ダーイッシュ(自称イスラム国)野望の行方
URL : http://youtu.be/_mQkUVdVfjg
今年1月に起きた日本人殺害事件によって、今までイスラム過激派のテロとは無縁と思われていたこの国でもにわかに地続きの問題としてとらえられ始めている、自称イスラム国こと“ダーイッシュ”への潜入取材。次々と映し出される生々しい映像から、故・後藤健二氏のような戦場ジャーナリストの重要性を思い知らされるだろう。


1504_vice_25.jpg

■戦場の最前線における静けさ
アレッポの生霊 シリア反体制派の素顔
URL : http://youtu.be/NSuDtfNRJcI
「ダーイッシュ 野望の行方」が話題だが、こちらもあわせて見てほしい。アサド政権下シリアの反体制派に密着した本作は、自称イスラム国の残虐さが注目を集めることによって単純化される、事態の本質的な複雑さを、片鱗だけでも見せてくれる。戦場の最前線における、まるで台風の目のような静けさが、あまりにも印象的だ。



1504_vice_18.jpg

■大量虐殺した将軍の人間力
リベリア 混迷の原点
URL : http://youtu.be/OjpCU89qu5M
内戦時代、呪術信仰から子どもの生き血を飲み、全裸で前線に立ち、一般市民を大量虐殺したものの、終戦後は宣教師になることで罪を免れた“裸の将軍”ことジョシュア・ミルトン・ブライに密着。彼の悪びれなさにゾッとすると同時に、不思議な人間的魅力を感じてしまう本作は、映画『アクト・オブ・キリング』にも通じるものが。


1504_vice_24.jpg

■ヒップスター化する“サカワ”
ガーナのインターネット詐欺師たち
URL : http://youtu.be/4BNO5n7FBUw
まず“ガーナ”と“ネット詐欺”という単語の並びに惹きつけられるが、同地はアフリカ有数のネット大国であり、失業率の高さと相まって“サカワ”なるネット詐欺師が蔓延中とのこと。しかも、彼らは呪術を信憑し、羽振りの良さからヒップスター化。引用されるサカワ・ムーヴィのデタラメな魅力が事態の混沌を象徴している。


1504_vice_17.jpg

■日本でもはやるかも?
韓国で大流行のマックバン ヌシたちに迫る
URL : http://youtu.be/5wjXJL6ZwLk
韓国では、食事をする姿だけを延々と映す“マックバン”という生配信が人気だとか。番組は、近代化によって孤独に食事をする人が増え、彼らがだんらんを求めて見ていること、ネットの普及によってテレビ中心のエンターテインメントが変容し始めていることがその背景にあると分析するが、つまり、日本でもはやるかもしれない。


1504_vice_23.jpg

■疲れた大人とはしゃぐ子ども
スラム墓地に生きる人々
URL : http://youtu.be/CU_Gw8lcd_E
冒頭、墓場の前で少年たちがヒューマン・ビート・ボックスに乗せてラップするシーンから引き込まれる。急成長のしわ寄せでスラムが増加しているフィリピン・マニラで、墓地の中につくられたコミュニティを取材した本作では、疲れ切った大人といきいきとした子どもたちのコントラストが印象的。少女たちのダンス・パーティもまぶしい。


1504_vice_16.jpg

■公然と行われる児童買春
インド「聖なる売春」
URL : http://youtu.be/GYF7IGnzqs4
近年、インドにおける性差別が国際問題になっているが、ここでも、宗教的儀式の名の下に公然と行われる児童買春が映し出される。一方、売春はゲイの男娼にとって閉塞的な伝統社会から離脱する唯一の方法でもある。終始、沈痛なトーンの本作において、彼らと女性レポーターが交流するシーンには不思議な穏やかさが漂う。


1504_vice_22.jpg

■ジャンキー青年の姿が悲しい
ギリシャの新ドラッグ「シサ」を追う
URL : http://youtu.be/DUeC29AmZcs
経済が破綻したギリシャの首都・アテネでは、ホームレスの間で、クリスタルメス(覚醒剤)になんとバッテリー液を混ぜ、電球を加工したパイプで吸う“シサ”と呼ばれる安価で劣悪なドラッグが流行しているという。インタビューを受けるジャンキーの青年は明らかに体調を崩しているが、取材陣に人懐っこく絡んでくる姿が悲しい。


1504_vice_15.jpg

■舟旅で見た穏やかな地獄
太平洋に浮かぶゴミ島
URL : http://youtu.be/jWMbKqMsjlQ
海流によってゴミが集積された、いわゆる“太平洋ゴミベルト”を追うVICEクルー。延々と続く退屈な舟旅の末に彼らが見たのは、ゴミの島のようなカタルシスのある光景ではなく、一見、普通の海だが、その実、プラスチックが粒子化して漂い、魚の体内に入り込み、やがて、それを人間が口にするだろう穏やかな地獄だった。


1504_vice_21.jpg

■一度もボードに乗らない!
スケーターアントワン・ディクソン
URL : http://youtu.be/YlFSYzIjbkE
破天荒なキャラクターで人気の若きスケーター、アントワン・ディクソンに密着した本作だが、カメラが回っている間、結局、彼は一度もボードに乗らない。ひたすら酔っぱらっては喧嘩をし、警察を呼ばれる。そこからは、有名であることのプレッシャーに押しつぶされそうになっている大きな子どもの姿が浮かび上がってくる。


1504_vice_14.jpg

■いかついラッパーと軟弱レポーター
アトランタ トラップ最前線に潜入
URL : http://youtu.be/JyRwsjnBibU
ミゴスやヤング・サグの人気でますます注目されるアトランタのラップ・シーン。同地は幹線道路が通っていることから麻薬売買の拠点となり、それによりトラップと呼ばれる陶酔的なジャンルが発展したという。次々に登場するラッパーのいかつさと、レポーターのナードさの対比がおかしい。このシリーズではシカゴ編も見ごたえがある。


1504_vice_20.jpg

■久しぶりのカルチャー・ショック
UKクラブシーンを追う BIG NIGHT OUT
URL : http://youtu.be/QjzI3YTzIGQ
レイヴやドラムンベースから学生パーティまで、イギリスのさまざまなユース・カルトのパーティに潜入するシリーズだが、映像としてのインパクトは1作目の“ガバ”が飛び抜けている。200超えのBPMに乗ってフリーク・アウトしまくる若者の姿に、情報化社会ではまれになってしまったカルチャー・ショックを受ける人も多いのでは。


磯部 涼(いそべ・りょう)
1978年生まれ。音楽ライター。主にマイナー音楽や、それらと社会との関わりについてのテキストを執筆。著書に『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)、 編著に『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ