サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > みずほ銀行は受け!【会社擬人化】のディープな世界
第1特集
会社四季報は、もはやエロ本なのです!

三菱東京UFJセメの、みずほウケ……!?“会社擬人化”のディープな世界

+お気に入りに追加

――2次元にも3次元にも飽きたらず、とうとう”モノ”としての無機物にまで手を出してしまった迷える子羊の腐女子たち。「企業合併はまじでヤバイ」「鉄道会社の相互乗り入れは甘美すぎて危険すぎる」とのたまい、萌え萌えキーワードを探すためにせっせと会社四季報を読み解く、”会社擬人化萌え”腐女子たちのディープな世界に迫る!

gijinka1412s.jpg
『政党擬人化政党たん ~解散総選挙編~』(リブレ出版)

 ボーイズ・ラブ(BL)という名のホモ行為に萌え萌えし、同人誌やウェブなどで日夜その創作ストーリー制作に血道を上げるのが、ご存じ腐女子カルチャー。タレントなど実在の人物を素材にした”ナマモノ”、マンガやアニメを素材にした”2次元”、2次元を原作とした舞台のイケメン役者などを素材とした”2・5次元”などはよく知られているが、その中でも極北に位置する「擬人化」なるジャンルをご存じだろうか? 鉛筆&消しゴムなどの”無機物”、果ては民主主義と社会主義といった”概念”にまで触手を伸ばし、それらを擬人化してイケメンに仕立て上げ、ラブったりチュウしたり乳くり合ったりさせる、常人には理解しがたいジャンルである。

「昔からあったジャンルではあるんですが、00年代後半に、国家を擬人化した『ヘタリア Axis powers』(幻冬舎)や鉄道を擬人化した『青春(あおはる)鉄道』(メディアファクトリー)といった作品が商業的にヒットし、腐女子内ではわりと一般的になりました」(東京都在住26歳腐女子)

 もはや腐女子にとっては、森羅万象が萌えの対象。当然そこには「企業」も含まれる。なれど、企業と企業のホモ行為って……?

 まず、企業に萌えるといっても、本社ビルを見学したりはしない。腐女子による萌えの本質は「カップリング」にあり。なれば企業の擬人化萌えにおいても、”恋愛関係”にある2社(ないしそれ以上)の企業を設定し、キャラクター化して「攻め」と「受け」の組み合わせを妄想することこそが肝要となってくる。

 そのいくつかの例は左ページの有名企業カップリング集を参照してほしいが、その際のわかりやすい萌えポイントとしてまず挙げられるのが、「合併」である。

「銀行とか最近、しょっちゅうくっつきやがるでしょう。ヤバいですよね! 3P4P当たり前じゃないですか。あと、友好的な業務提携もいいですけど、TOB(株式公開買い付け)で無理やり犯されちゃうパターンもイケますな!」(神奈川県在住39歳腐女子)

 M&Aも、腐女子フィルターを通せば乱行パーティなのである。あるいは、親会社と子会社をカップリングすることもあり、その場合、力の強い親会社が攻めかと思いきや、「いやいや、子会社攻めでしょ」という声も。

「セブン-イレブンとイトーヨーカ堂の関係とか、タマらないですね。もともとイトーヨーカ堂の子会社だったセブン-イレブンが、いつの間にか親会社を乗っ取って、セブン&アイ・ホールディングスになるっていう。イトー君に可愛がられていたセブン君が、ある日むくむくと大きくなって、逆に押し倒しちゃうワケです!」(東京都在住32歳腐女子)

 大企業の沿革にそんな淫らなストーリーを見るなんて、どうかしてるぜ! とはいえ、このように企業萌えをたしなむには、深い企業知識も要求されるのではなかろうか?

「『会社四季報』はエロ本ですよ! IR情報なんてもう、ネタの宝庫です。資本関係、それからライバル社との競合関係も大切ですからね。あと、株価も非常に重要。攻め企業の株価が下がって、受け企業の株価が上がったりすると……そろそろリバ(リバーシブル=攻めと受けの立場が逆転すること)の予感(ハート)……みたいな!」(前出・26歳腐女子)

 リサーチの徹底ぶりは、まるで経済アナリストかデイトレーダーのよう。企業情報のなかから自分好みの設定を引っ張り出してコンテクストを組み上げてしまう。彼女たちの業の深さは、計り知れないのである。

腐女子の世界をかいま見よ!組んずほぐれつ”企業BL”傑作選

本文で話を聞いたガチ腐女子たちに聞く、企業擬人化”ベストカップリング”!

■ドジっ子をエリートがお仕置き!
【1】銀行
【攻】三菱東京UFJ銀行 ×【受】みずほ銀行
腐女子は「合併」という言葉が大好きなので、合併しまくりの銀行は人気です。三菱東京UFJ銀行は名前からして合併の権化(三菱銀行、東京銀行、三和銀行、東海銀行の4P)で、それ単体でもごはん3杯はイケますね。そのカップリング相手はみずほ銀行で。同じく3大メガバンクの三井住友銀行も捨てがたいけど、三菱の赤と、みずほの青っていう対比がより映えるんですよ。戦隊モノとかだと青はクールキャラなのに、みずほ君はシステムトラブルをやらかしたりとドジっ子な感じ。それをエリートの三菱君がお仕置きして……みたいな。あと、監督者として各行を「検査」したり公的資金を「注入」したりする金融庁も重要なプレーヤーですね。

■相互に”乗り入れ”ってエロすぎ!
【2】鉄道
【攻】西武鉄道 ×【受】東武鉄道
鉄道系は、擬人化BLで最もメジャーな存在です。なかでも池袋起点の西武鉄道と東武鉄道は鉄板で、主流は西武攻めですけど、東武のほうが田舎ヤンキー感があるので、ヤンチャな男の子が好きな人は東武攻めに傾きます。あと、各線の「乗り入れ」や「相互直通運転」も激萌えポイント。だって、響きが超エロいじゃないですか! たとえば西武線は、小竹向原という駅で東京メトロの有楽町線・副都心線と乗り入れるんですけど、これはヤバいです。西武線には相方の東武線がいるのに、直通運転してる有楽町線・副都心線に乗り入れて、さらに副都心線は渋谷で東急東横線に乗り入れて……もう、そんなに絡み合わないでよ!

■字面的になんかしっくりクルじゃないすか!
【3】電機メーカー
【攻】東芝 ×【受】日立製作所
13年度の大手電機メーカーの売上高は、トップが日立製作所、2位ソニー、3位パナソニック、4位東芝と続くんですけど、ここで一番萌えるカップリングは「東芝×日立」。字面的にこの2社がしっくりくるというか、この「しっくりくる」感覚を共有できる人とはおいしいお酒が飲めそうです。あと、売上高では劣るものの、創業の古さでは勝る東芝が攻めで、自分より力をつけてしまった後輩の日立君に挑む東芝先輩、みたいな構図に惹かれます。もちろん「ソニー×パナソニック」も大いにアリ。昔はイケイケだったソニー君も、松下電器産業時代はカリスマだったパナソニック君も最近は病んじゃって「一緒に堕ちていこうぜ」的な、退廃的な設定で(笑)。

■一社提供でラブっちゃってまあ!
【4】広告代理店
【攻】電通 ×【受】博報堂
「電博」って王道カップリングなんですけど、広告業界ではこの2強とその他の差が大きいので、広告代理店同士というよりは、「電通×トヨタ自動車」とか「博報堂×日産自動車」とか、クライアントとの関係に萌えることも多いです。あるいは「電通×フジテレビ」とか、どっちも後ろ暗いところがありそうで、すごくイイです。テレビに関連していうと、番組の提供スポンサーが替わったりすると超萌えますよね。この局とあの企業は蜜月だと思ってたのに、裏切られちゃったか……なんて。でも一番ヤバいのは、『ライオンのごきげんよう』(フジ)とか『日立 世界ふしぎ発見!』(TBS)みたいな「一社提供」の番組。どんだけ2人だけの世界で愛し合ってるの!

■各社競り合いでリバもしょっちゅう!
【5】携帯キャリア
【攻】NTTドコモ/【受】au/【受】ソフトバンク
携帯電話やスマホは誰にとっても身近なものだし、自分がどのキャリアを使っているかによっても、完全にカップリングの好みが分かれますね。シェアトップのドコモが強キャラポジションなのは揺るがないんですけど、iPhone発売に出遅れたり、個人情報が流出してヘタれたり、何かにつけて力関係にちょっとした影響が出るんですよね。そういう微少な差異にハマると、抜け出せなくなります。あるいはソフトバンクだったら、iPhoneのサービスには一日の長があるけどカスタマー対応がイマイチだったり、各社に一長一短があるわけですよ。だからリバの可能性もあるし、三角関係でもいいし、カップリングし放題で腐女子的にはうれしい悲鳴です!

■もっとボクのこと見てよ! もっと!
【6】IT企業
【攻】Google ×【受】Yahoo!
企業の擬人化では同じくらいの規模の企業同士をカップリングするのが普通なんですけど、ここではグーグルが圧倒的な強者で、ヤフーは明らかに格が落ちます。でも、超エリート男子に分不相応にも恋い焦がれてしまう普通男子っていう設定も、腐女子のハートをくすぐるんです。もう、ヤフー君はグーグル君のことが好きで好きでしょうがないんですよ。検索エンジンのアルゴリズムもグーグル君のマネをしたりするくらい。でも、当のグーグル君は一向に振り向いてくれないばかりか、アップル君に接近しているわけですよ。「なんでボクを見てくれないの?」と泣き崩れるヤフー君に最高に萌えますし、ヤフー→グーグル→アップルの三角関係も相当にヤバいですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ