サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 【連載】あやふやな血筋に頼らない「縁筋」元年到来。大沢樹生の子の本当の父親は…
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.21

あやふやな血筋に頼らない「縁筋」元年到来 大沢樹生と喜多嶋の子の本当の父親は……。

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1402_NN2_10.jpg
大沢は、私が主催する「熟女クイーンコンテスト」や「ミスシンデレラ仙台大会」にゲストとしても来てくれた。モッツ出版15周年パーティの時も登壇して挨拶し、祝辞を述べてくれている。嘘がつけない実直な男だ。

 少子化問題が大きな問題となっている中、2013年は、手塩にかけて育ててきた我が子が、自分の子どもではなかったということが映画(『そして父になる』)にもなり、60年前に実際に起きた、新生児取り違え事件も報じられた。同様のことは過去にもいくらでもあっただろうが、はっきりと確かめるすべがなかった。今はDNA親子鑑定があるから、状況が一変したわけだ。

 我が子が他人の子であるという悲劇の原因は2通りある。ひとつは、映画や60年前の事件の原因ともなった、産院での新生児の取り違え。

 もうひとつは、大沢樹生のように、女が同時期に複数の男と性交渉し、女自身も誰が父親かはっきりわからないという場合である。女は「わからないけど、いいや」と確信的に産んでいるに違いない。DNA鑑定なんて通常はしないだろうから、口を拭われたら男は絶対にわからない。血筋とは、そんなあやふやなものなのである。

 血筋について考えるときの別の側面として、フクシマの原発事故がある。親となるべき人たちは子どもの安全を考え、ベターな選択を一時的にするしかない状況である。ベストの選択はどこにもない。

 私の記憶によれば、かつて60年代に大橋巨泉は、「こんな光化学スモッグだらけの日本で子どもをつくったら、子どもが不幸になる」と、パイプカットをして、妻で14歳年下のアイドル・浅野寿々子と伊豆に移住した。前妻のマーサ三宅というジャズ歌手との間には子どもがいたが、「もう俺の血は残さない」ということなのだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載