サイゾーpremium  > 連載  > 法“痴”国家ニッポン  > 【連載】法痴国家ニッポン/「広島LINE殺人事件」
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【15】

広島LINE殺人事件に見る少年犯罪の"不気味な"少なさ

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

今月のニュース

「広島LINE殺人事件」
2013年6月、広島県呉市で、16歳の無職少女がSNSアプリ「LINE」上での口論をきっかけに元同級生の16歳の少女を暴行、殺害し、遺体を呉市の山中に遺棄した事件。広島県警は、母親に付き添われて自首した少女を死体遺棄容疑で逮捕。少女の供述から、ほかに6名の男女が暴行に加わっていたことが判明し、県警は計7人を強盗殺人、監禁などの容疑で再逮捕した。

1312_houchi.jpg
『少年犯罪〈減少〉のパラドクス(若者の気分) 』(岩波書店)

「少年犯罪は増加凶悪化、特異化している」

 日本のマスコミは、少年犯罪を報じる際、とかくこの点を強調したがる傾向があります。2013年6月、広島県呉市で16歳の少女らが元同級生の少女を殺害した事件に関する報道などはまさしくその典型で、SNSアプリ「LINE」でのトラブルがきっかけとなったことや、主犯の少女らが"接客業"で大きな利益を得ていたことなどをセンセーショナルに取り上げました。

 そうしたマスコミの風潮は、1995年の地下鉄サリン事件以降の体感治安の悪化や、97年に当時14歳の男子中学生が5名の児童を殺傷した神戸連続児童殺傷事件、いわゆる酒鬼薔薇事件などを契機に強まったもので、それが現在まで続いています。しかし、実はそうした認識が誤りであることは、後述のようにデータから一目瞭然であり、また一般にもようやく浸透しつつあります。

 とはいえ、データをより詳細に見てみると、少年犯罪の近年の特徴といえるものが存在するのもまた確かです。そして何より、その背景について考察すると、「犯罪が減った」と単純に喜んでばかりもいられない日本の現状が浮かび上がってくるのです。

 少年による刑法犯の検挙人員の推移には、51年(16万6433人)と64年(23万8830人)、83年(31万7438人)をそれぞれのピークとする3つの大きな山があります。これは、各時代に実施された非行防止キャンペーンなどの警察活動が大きく影響していて、実数としてはもっとなだらかな曲線になると考えられる。しかし、基本的にはここ30年間、少年犯罪は確実に減り続けていて、11年には検挙人員11万6089人となっている。つまり現在、少年犯罪は戦後最少レベルにまで減少しているわけです。

 殺人をはじめ凶悪犯罪に関しても同様のことがいえます。例えば少年による殺人の検挙人員。46~69年の間、年間250~450人で推移していましたが、75年以降、100人を超えることは稀になり、ここ数年間は50人前後で"安定"しています。58年に4649人でピークを迎えた強姦についても、89年に500人を割り込み、11年には79人にまで減少しています。余談ながら、強姦の検挙人員は56年を境に急増し、再度56年のレベルまで低下するのに以後10年以上かかっています。これは明らかに56年の売春防止法の成立による負の影響です。それはともかく、少年犯罪については、多くのデータが増加や凶悪化とはまるで正反対の状態を示しているのです。

 そうした全体状況において注目すべき変化があるとすれば? それは、少年による刑法犯の検挙人員に占める女子の比率です。戦後しばらく10%程度だった女子の比率は、60年代頃から急速に高まり、70年代半ばから現在まで、18~25%で推移している(11年は19.2%)。その理由については後ほど詳しく説明します。

 それでは、少年犯罪が減り続けている理由はなんなのか? それを理解するに当たっては、前提として「そもそもなぜ人は犯罪に手を染めるのか」という問題について考える必要がある。一般に「犯罪は貧困が生み出す」とはよくいわれます。確かに、貧困に付随する諸問題を抱えた複雑な家庭に育った若者の犯罪傾向が強いのは事実です。しかし、では彼らが、経済的な困窮ゆえに生活費を得るための犯罪に走るのかというと、ことはそう単純ではない。若者に限らず、金銭目的の犯罪の大半は、遊興費を得たいがために行われます。さらに、スリルや充足感を求めての犯罪も多い。これは、受刑者調査などのデータに裏づけられた事実なのです。

 そうした認識を持つと、少年犯罪が減少した理由の一端が見えてきます。70年代以降、若者の興味対象となるものが飛躍的に増加、多様化したことが、犯罪の減少に大きな影響を与えていると理解できるのです。例えばスポーツ。一橋大学大学院社会学研究科専任講師の中澤篤史氏の研究によれば、中学・高校における運動部活動の加入率は、50年代以降ほぼ一貫して上昇しており、55年には中学で46.0%、高校で33.8%だったのが、01年にはそれぞれ73.0%と52.1%に達しています。また、日本スポーツ少年団の調査によると、62年の創設時753人だったスポーツ少年団の団員数は、70年代半ばに100万人を突破し、現在も90万人前後で推移しています。これらが、かつてであれば犯罪や暴力で解消するしかなかった一部の若者の衝動を発散する場として機能している可能性は大いにある。若者を荒れさせないため部活をやらせるべし、という考え方は、事実として間違ってはいないわけです。

 もちろんスポーツに限らず、70年代以降、質・量共に急激な発展を遂げたゲームやマンガなどのカルチャーも、同様の代替手段となっていることは疑いありません。日本のゲーム市場は、70年代の家庭用ゲーム機の登場、83年のファミコンの大ヒットなどによって1兆円産業に成長し、また、マンガ市場も80年代後半には5000億円規模に達しています。どれほど多くの若者が、興味・関心の対象となり得るこうしたものの存在によって犯罪の道へ進まずに済んだか、推して知るべしというところでしょう。逆にいえば、昔の若者を取り巻く環境は、今と比べてそれだけ貧しく、つまらないものだったわけです。

 一方、少年犯罪における女子の比率が高まっているのは、前述のように男子が「おとなしく」なった分、相対的に存在感を増しただけ、という見方が妥当でしょう。つけ加えるなら、60年代以降に女子の高等教育への進学率が上昇して社会進出が加速し、いわゆる「女らしさ」を求める教育が批判されるようになるなどした結果、少年犯罪において性差が縮まりつつある、という見方もできます。それは、女子の暴力犯罪の増加を示すデータからも明らかです。

 なお、少年犯罪においては、ほかにも「らしさ」の喪失が見られる点があります。年齢相応でない犯罪が増加傾向にあるのです。そういうと、例えば04年に長崎県佐世保市の小学6年生の女子児童が同級生の女児をカッターナイフで殺害した事件など、「少年犯罪の低年齢化、特異化」の事例を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、少年犯罪全体から見れば、こうした事件はごくレアなものであり、そうした主張の論拠とするには無理がある。むしろ私が指摘したいのは、「少年犯罪の高年齢化」もしくは「成人犯罪の稚拙化」です。成人しても万引きなどのいわゆる少年犯罪から足を洗えない人が増えているのです。おそらくこうした現象は、高学歴化や就職難などによって、社会に出るタイミングが遅くなっていることと無関係ではないでしょう。こうしてみると、少年犯罪が、いかに社会情勢の変化を色濃く反映しながら推移してきたかがよくわかると思います。

 冒頭で私は、「少年犯罪が減ったことは単純に喜べない」と述べました。もちろん、犯罪が減ったという現象そのものは歓迎すべきことです。しかし、逆説的ながら、現代の日本の若者たちには犯罪を起こす元気すらない、という見方もできてしまう。先進諸国と比較しても、例えば人口10万人あたりの殺人の認知件数は、イギリスやアメリカが約9件、ドイツやフランスが約4件であるのに対し、日本は約1件。窃盗についても、先進諸国が軒並み4000~5000件であるのに対し、日本は1000件前後。ここまで突出して低いというのは、ある意味で"異常"ではないでしょうか?

「日本人はおとなしい」とよくいわれます。しかし、思い起こしていただきたい。例えば江戸末期から明治初期にかけて頻発した一揆や打ち壊し。あるいは1905年、ポーツマス条約の内容に不満を抱いた3万人の民衆が暴徒化し、東京を一時無政府状態に陥れた日比谷焼打事件。それらはわずか100年前かそこらのできごとであり、日本人は暴力を好まないとか文化的に犯罪に走りにくいとかいうのは幻想に過ぎない。であれば、今の日本社会における少年犯罪の"異常な"少なさは、いずれ"反動"として表面化してくるのではないか。少年犯罪が極端に少ないことに対して私がある種の不気味さを感じずにいられないのは、そうした危惧があるからです。

河合幹雄(かわい・みきお)
1960年生まれ。桐蔭横浜大学法学部教授(法社会学)。京都大学大学院法学研究科博士課程修了。社会学の理論を柱に、比較法学的な実証研究、理論的考察を行う。著書『安全神話崩壊のパラドックス』(岩波書店、04年)では、「治安悪化」が誤りであることを指摘して話題となった。その他、『終身刑の死角』(洋泉社新書y、09年)など、多数の著書がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ